大判プリンターiPF830操作性その他

imagePROGRAF iPF830 操作性その他

データに最適なプリンターを自動選択

Océ Publisher Select

Océ社製のジョブ送信ツール“Publisher Select”に対応。編集用のアプリケーションを起動させることなく、複数ファイルを一括出力したり、プレビュー画面で印刷の向きや配置を確認してプリントミスを防ぐなどプリントワークフローを効率化できます。Océ TDS/ColorWave/PlotWaveに出力する場合と同様の操作で、imagePROGRAFに出力が行えます。

Océ Publisher Select(イメージ)

クラウド連携によるデータ共有で、ワークフローを効率化

imagePROGRAF Direct Print & Share 2.0(ファイル出力・共有ソフト)

imagePROGRAF Direct Print & Share 2.0(写真)

imagePROGRAF Direct Print & Share(以下、DPS)を使えば、アプリケーション不要でファイルをそのまま印刷・共有することが可能です。

  • ダウンロードのページから対象機種・OSを選択してインストールして下さい。

クラウドサービス連携(HOME-BOX2対応)

新たにキヤノンの中小企業向けクラウドストレージ「HOME-BOX2」に対応しました。
クラウドサービスとの連携により、ファイルを簡単にアップロード/ダウンロードし、施工会社や設計事務所、建設現場などの関係者間でファイルをタイムリーに共有し、ワークフローを改善、時間とコストの削減に貢献します。

imagePROGRAF Direct Print & Share 2.0(イメージ)

HP-GL/2ファイルに対応

JPEG、TIFF、PDFに加え、HP-GL/2ファイルをアプリを立ち上げることなく直接操作し、簡単に出力できます。

ショートカットプリント

ファイルをドラッグ&ドロップするだけで出力ができます。

iPadからの大判プリントに対応した新開発無料アプリ

imagePROGRAF Print Utility

Print Utility(写真)

iPad※1からの大判出力を行える無料アプリを用意しました。汎用ビューワーで閲覧や書き込みしたPDFを、PCレスでimagePROGRAFプリンターに出力することができます。※2
例えば建築の現場で、修正指示をその場で出力し、関係者と共有するときに便利です。

AppStoreよりダウンロードして下さい。

対応機種
iPF850/iPF840/iPF830/iPF785/iPF780/iPF770 School/iPF685/iPF670

使いやすくなった

操作パネル

操作パネル(写真)

大型液晶ディスプレイに「用紙」「インク」「ジョブ」「設定/調整」の4項目に分け、タブ表示。残量情報や設定メニューなどが、ひと目で把握できます。また、イラストを使ったわかりやすい操作ナビ機能も備えています。

大判コピーシステムへの拡張も可能

大判コピーシステムへの拡張iPF850-m40MFP(写真)
  • 大判図面のスキャン、コピー、プリントが可能な大判コピーシステム(大判MFP)
  • 図面の電子化、コピーが簡単操作
  • 既設プリンターへの後付けも可能

「PosterArtist Lite」を同梱

ポスター作成の基本機能を備えたソフトウェア

高品位なポスターを簡単に作成できることで定評のあるソフトウェア「PosterArtist」の機能制限版「PosterArtist Lite」を同梱。小売、流通、飲食、文教、一般オフィスといった各業種向けに用意された豊富なテンプレートやクリップアートを使って4つのステップに従うことで、専門的なデザインスキルが無くても、手軽に簡単にポスター作成ができます。直感的な操作性のため、オフィスで使うソフトウェアの感覚で、手軽に、思い通りのポスター編集が行えます。

クラウド共有機能

PosterArtist Liteに、Direct Print & Share(以下DPS)と連携したクラウドストレージ機能を追加。これによりPosterArtistで作成したポスターデータを、DPSを介してクラウドストレージに保存、共有することが可能です。

オンラインサポートシステム NETEYE

管理負荷を軽減し、快適な使用環境を提供

ネットアイは、インターネットを利用してラージフォーマットプリンター/複合機/レーザービームプリンターを遠隔モニタリングするシステムです。
エラーや紙づまりおよびインクの残量の情報をネットアイセンターへ自動通知することで、インク残量が少なくなった場合、事前登録されたお客さまメールアドレスにお知らせしたり、万が一、トラブルが起きた際の速やかな対応を可能にし、お客さまの管理負荷を軽減します。

このページのトップへ