大判プリンター選ばれている理由

「4つの品質で」で、お客さまの声に応える。キヤノンは、大判プリンター出荷台数No.1※ 7年連続国内出荷台数No.1

進化のヒントは、いつもお客さまの声にあります。例えば「高画質もプリント速度もどちらも欲しい」「突然のインク切れでも作業を中断したくない」「トラブル発生時にはすぐにサポートして欲しい」など。お客さまのご要望に応えるために、キヤノンは技術を磨き上げ、サービス体制を充実させてきました。
そうした取り組みに対する評価が、「7年連続・国内大判プリンター出荷台数No.1」という実績につながったものと考えています。
これからも私たちは「4つの品質」を高めることで、ビジネスの現場で真に役立ち、だからこそ選ばれる大判プリンターを提供しつづけます。

ビジネスの現場を支える、キヤノンの技術。

プリントヘッド技術「FINE」、イメージプロセッサー「L-COA(エル-コア)」、そして顔料インク「LUCIA(ルシア)」。キヤノン独自の3つの技術が、高画質高速プリントを実現。 グラフィックやポスター、CADをはじめ多様な用途に広がる、大判プリントニーズに的確に対応します。

Ink 【技術品質】 色彩のプロを満足させる高画質

高密度プリントヘッド

高速出力と高画質を両立する超高密度なプリントヘッド

高密度プリントヘッド

半導体製造に用いるフォトリソグラフィ技術を駆使し、1色あたり2,560ノズルを精密に配置した超高密度プリントヘッドをダブル搭載。この超高密度プリントヘッドの総ノズル数30,720から発するインク滴をミクロン単位で制御し高速プリントと高画質プリントを両立しています。

LUCIA/LUCIA EX

プロのニーズに応える高画質12色顔料インク

清涼感の豊かなカラー表現

キヤノンは、染料インクのような光沢感を持ちながら、鮮やかさ・耐候性のある12色顔料インク「LUCIA」を開発しました。CMYインクに対して補色の関係にあるRGBの特色インクと濃淡2種のグレーインクを開発。全カラー領域でバランスのとれた発色を可能にし、多彩な用紙での高画質プリントを実現します。さらに「LUCIA EX」では、より高発色の顔料に刷新。さまざまな粒径の顔料を採用することにより、色再現領域をさらに拡大。高品位の黒色表現も実現し、プロの高い画質要求に応えています。

Ink 【技術品質】 CADユーザーに応える高速プリント

1インチワイドヘッド

A1サイズのCAD図面もわずか25秒で出力

合計15,360ノズル(MBK5,120ノズル、BK,C,M,Y各色2,560ノズル)という驚異的な高密度1インチワイドヘッドを搭載。また、マットブラックはノズルを2列搭載し、従来比(当社Wシリーズに比べ)4倍の密度でインクを吐出します。より濃度の高いブラックをさらなる高速プリントで再現し、CAD図面出力を強力にサポートします。

  • imagePROGRAF iPF780 普通紙 速い・エコノミーモード時
  • W8400は2005年発売の当社製B0ノビ対応大判プリンター
マットブラックはノズルを2列搭載し、従来比(当社Wシリーズに比べ)4倍の密度でインクを吐出します(イメージ図)

リアクティブインク技術

CAD図面などの高精細プリントを実現する5色洗顔料インク

建築図面や設計図面の出力には微細な線を正確に描画する必要がありますが、キヤノンは、染料カラーインクに顔料マットブラックインクを反応させることで、文字や線の境界でのにじみを防止するリアクティブインク技術を独自に開発。「5色染顔料リアクティブインク」により鮮明な黒を実現し、極細線や極小文字のプリントを可能にしました。さらに、1,200dpiレンダリング処理により、斜線や曲線はより滑らかに、小さな文字もつぶれることなくクリアに再現します。

リアクティブインクテクノロジー(イメージ図)

Ink 【技術品質】 顔料・染顔料両インクモデル

L-COA

画像処理からプリンター制御までを高速処理

L-COA

大容量の画像データの処理とプリントデータの作成、プリンターの最適制御をつかさどる大判インクジェットプリンターの心臓部「L-COA」は、キヤノンの「システムLSI統合設計環境」により開発された専用イメージプロセッサーです。L-COAはCAD、グラフィックそれぞれに最適化されており、FINEの能力を最大限に引き出した高品質印刷が可能になっています。さらに専用イメージプロセッサーが高速処理することにより、パソコン側で処理を行うのとは段違いの印刷速度を実現しています。

Ink 【製品品質】 高生産性を実現し、すべてのユーザーをバックアップ。

プリントしながら、インク交換できる

ストップレスインクタンク交換

ストップレスインクタンク交換(イメージ図)

インクタンクが空になった場合も、サブインクタンクからインクを自動供給。印刷を止めずにインクタンクの交換が可能です。また、インクを最後まで使い切るので、インクのムダもありません。

  • iPF5100/iPF510 plus/iPF610 plusを除く。

印刷途中での用紙切れを防止

ロール紙残量管理機能

残量値をバーコードで印字(イメージ図)

印刷時にロール紙残量が不足する場合には用紙交換を促すメッセージを表示して、印刷途中での用紙切れを防止します。また、一時的に取り外したロール紙を再度取り付ける場合でも、印刷されたバーコードを読み取ることで、情報の継続が可能です。

  • 全モデル対応

プリントミスを低減、高画質を維持

ノズルリカバリーシステム

カラー濃度センサー(イメージ図)

プリントヘッドのノズルからのインク吐出をセンサーで精密にチェックし、目詰まりを検知すると別のノズルによって自動的に補完※1します。目詰まりによる失敗プリントを低減する他、目詰まりを解消するためのヘッドクリーニングを減らして、インクのムダを抑えます。

  • 全モデル対応
  • ※1目詰まりが多く補完しきれない場合には、ヘッドクリーニングを実行します。

安定した色再現を実現

カラーキャリブレーション

ノズルリカバリーシステム(イメージ図)

キヤノンの光学技術の粋を集めた集光レンズを搭載したカラー濃度センサーにより高精度※1なカラーキャリブレーション機能を搭載。プリンターの個体差や経時変化により生じることのある色のばらつきを低減し、安定した色再現を実現。プリンターでの簡単な操作により、約10分の短時間で補正が完了します。複数台を用いた大量印刷においても安定した色再現が可能になっています。

  • iPF5100/iPF6400/iPF6450/iPF8400/iPF9400/iPF6400S/iPF8400S/iPF9400S対応
  • ※1キャリブレーション精度:平均色差⊿E≦2.0以下

印刷レイアウトを事前に確認可能

ロール紙プレビュー機能

ロール紙上に文字や画像がどのように配置されるかが、ひと目でわかります。ミスプリントを未然に防ぎ、効率的なプリントが可能です。

複数PCで共通の出力環境を構築

カスタムインストーラー作成ツール

カスタムインストーラー作成ツール

最新バージョンにアップデートされたドライバーやAutoCAD最適化キット、Status Monitorなどのソフトウェア、ドライバー内の各種お気に入り設定、用紙情報などを配布可能なインストールセットとして作成可能。複数PCに配布することで、簡単に共通の出力環境を構築できます。

商品ラインアップ

このページのトップへ