大判プリンターPhotoshopプラグイン

Print Plug-In for Photoshop

Photoshopからのダイレクト印刷を可能にするPlug-Inソフト

imagePROGRAF 12Colors/8Colors モデルに付属

Photoshopで加工したAdobeRGB 16ビット画像を、直接imagePROGRAFへ転送可能。Adobe Photoshopとプリンタードライバーの両方に行っていたプリント設定を、プラグインで一括して行うことで設定ミスを提言し、効率的な出力が可能になります、Adobe社製の色変換モジュール“Adobe CMM”に適応し、Photoshopとの色の互換性を強化したほか、印刷機での色味をシミュレートした校正出力が可能になりました。

AdobeRGB 16ビット画像を16ビット内部処理し、広色域・高階調の印刷を実現!

プリンタードライバーでは、OSの制約により8ビットで処理を行いますが、このPlug-Inでは16ビットのまま処理を行い、高色域・高階調を維持して出力することができます。

16ビット画像を16ビット内部処理し、広色域・高階調の印刷を実現(イメージ)

バリエーションプリント機能

色味の微妙な調整作業を効率化するバリエーションプリント機能をPrint Plug-In for Photoshopに新たに搭載。明るさ、鮮やかさ、コントラストなどを小刻みに調整したパターンを自動生成し、印刷。出力物を見ながら所望の色味を選択することで色調補正が完了します。試行錯誤に要する手間と時間を省略し、効率的なフォトプリントワークフローを実現します。

バリエーションプリント機能(イメージ)
対応機種
iPF6400/iPF6450/iPF8400/iPF9400/iPF6400S/iPF8400S/iPF9400S

Photoshopでの印刷を効率よく、思いのままに!

めざす印刷結果を効果的に追求

「色の調整」→「テストプリント」→「結果の確認」といった手順を効率的に繰り返し、理想的な印刷結果を追求できます。Print Plug-In for Photoshopでの操作は、Photoshopで作成した元の画像データに影響を与えません。

モノクロ出力の繊細な色調整が可能に

出力設定にモノクロ出力プロファイルを追加したことで、繊細なグレー調整を行うことができます。出力プロファイルで「モノクロ写真」に設定すると、 imagePROGRAFプリンタードライバーで採用されているユーザーインタフェース画面と同様のモノクロ色調整コントロールを表示。プルダウンでモノクロ写真調整(冷黒調/純黒調/温黒調)が選択できます。グレーの微調整は、上下/左右方向のスライドバーの操作と色彩領域をクリックすることにより対応します。
また、トーンカーブボタンを押すと、トーンカーブダイアログが表示され、入・出力値の設定も可能です。各調整結果は、リアルタイムにプレビュー表示されます。

PhotoShopでの印刷を効率よく、思いのままに(イメージ)

カスタム用紙サイズへフレキシブルに対応

imagePROGRAFプリンタードライバーと同様に、任意の用紙サイズを設定することができます。ユーザー定義用紙ダイアログでは、ユーザー定義用紙の名称、用紙サイズ(幅・高さ)の設定、およびユーザー定義用紙の登録・削除・編集が行えます。

カスタム用紙サイズへフレキシブルに対応(イメージ)

Photoshopデータとのユーザビリティが向上

「拡大/縮小印刷」の「倍率を指定する」が設定されている場合、マウスドラッグによるプレビュー上での画像拡大/縮小の操作が可能です。Photoshopの編集画面に戻ることなく、レイアウトを確認しながら印刷画像サイズを調整することができます。また、Photoshopでクリッピングされた画像に対し、その領域選択情報をPrint Plug-Inに継承して自動的に部分印刷をすることもできます。

Photoshopデータとのユーザビリティが向上(イメージ)

多彩なプレビュー機能

色の調整やレイアウト設定といったプラグインの操作結果は、リアルタイムにプレビューに表示。設定を変更するたびに出力する必要がないので、印刷結果のイメージを確認しながら効率的に操作が行えます。さらに、印刷設定の保存もでき、作業効率をアップします

多彩なプレビュー機能(イメージ)

見つけた理想の印刷結果を何度でも再現可能

プラグインの印刷設定は、印刷時に自動的に[印刷履歴]として残ります。履歴の中から必要な印刷設定を[お気に入り]に保存することで、何度でも同じ印刷結果の再現が可能です。[印刷履歴]と[お気に入り]の印刷設定は、別の画像にも適用することもできます。

見つけた理想の印刷結果を何度でも再現可能(イメージ)

校正印刷機能

雑誌などに掲載する写真を本印刷する前に色確認を行う校正出力が可能です。校正印刷機能を使わずに印刷した場合、imagePROGRAFプリンターの広い色域を生かした出力結果が得られますが、印刷機の色再現領域とは異なるため、そのままでは校正(プルーフ)としては使用できません。Print Plug-In for Photoshopの校正印刷機能は、最終印刷で使用する印刷機の色再現領域に収まるよう色変換を行うので、imagePROGRAFからの出力と最終印刷機からの出力の色味とが一致します。色確認から出力までの一括した色処理ができて、効率的なワークフローを作り出します。

詳細へ
色確認から出力まで一環した色処理が可能な校正印刷機能(イメージ)
このページのトップへ