[ GANREF presents ]PRO-1000レビュー

PRO-1000が写真家にもたらすメリットとは?imagePROGRAF PRO-1000体験会 編集部レポート 執筆・撮影 秋山薫

さる3月20日(日)、GANREF主催の「キヤノン imagePROGRAF PRO-1000で出力するA2プリント体験会」が行われた。キヤノン imagePROGRAF PRO-1000(以下、PRO-1000と略)は2月25日に発売された顔料インク12色を搭載するA2プリンターで、キヤノンPROシリーズの最新モデルだ。体験会では、キヤノンマーケティングジャパンの担当者によるPRO-1000の新機能の解説ののち、写真家の小澤太一先生がA2プリントの楽しさや仕上げのコツ、PRO-1000のメリットを語ってくれた。ここでは、その内容をダイジェストでお届けする。

小澤先生がPRO-1000をおすすめする6つのポイント

そもそも、プリントするメリットとは?

01.紙にこだわった作品作りができる

「紙白の白色度、粒状感と立体感、紙の質感など、絵柄によってどういう用紙が似合うかを考えるようになれば、表現の引き出しが増えます」と小澤先生は語る。用紙によって写真の印象は大きく変わるので、いろいろと試すことが重要とのこと。

写真:小澤先生

02.色を完全にコントロールできる

「ディスプレイで写真を見せると、相手の環境によって見え方が異なります。鮮やかさやモノクロの色調などの表現意図は、プリントならばより伝わりやすい」と小澤先生。他人に見せたい写真がある場合は、リアルタイムに色を共有できるプリントで見せなくてはならない、とも語ってくれた。

写真:小澤先生

03.余白・余黒で印象を変えられる

プリントの余白にも大きな意味がある。「絵柄にたいして余白の有無、サイズ、余黒にこだわると、写真は面白くなります。余白なしで広がりを表現したり、余白を大きくとっておしゃれに見せることもできます」。余黒の場合は画面を引き締める効果があるそうだ。

写真:小澤先生

PRO-1000で気に入った部分とは?

04.染料に迫る面質

「鮮やかさは染料インクで、落ち着きと耐久性は顔料インクで、と使い分けていました。でも、PRO-1000は染料インクのようなナチュラルな面質に思える。これなら1台でいいかも」と小澤先生。自称「染料インク派」の小澤先生だが、PRO-1000のナチュラルさには驚いたそうだ。

写真:小澤先生

05.青色の鮮やかな発色

染料インクの鮮やかさが好きな小澤先生。だが「PRO-1000の新ブルーインクで青の発色がとてもよくなった。PIXUS PRO-1と比べると、同じ写真をプリントしても鮮やか」という。すっきりとした青空を好む小澤先生にとって、PRO-1000のブルーインクは合格点とのこと。

写真:小澤先生

06.黒の最大濃度アップ

従来機と比較するとPRO-1000のプリントのほうが、黒がより濃く強く見え、黒い部分の階調をよりよく再現できるようになったとのこと。「プリントをすればするほど、ヤバイです」と、小澤先生はすっかりPRO-1000が気に入ったそうだ。

写真:小澤先生

まとめ:PRO-1000は間違いなく「買い」だ!

上記のほかにも、「コントラストリプロダクション」による高精細なプリントや、メンテナンスの手間がかからないことなどをあげたうえで、「写真表現で勝負するという意気込みがあるから、よりよい画質で表現できる機材を買って、自分もレベルアップしていきたいと常に思う。だから買う価値がある」と小澤先生はいう。今回のセミナーに際して、120枚以上ものプリントを行い、プロの厳しい目で評価しただけにその言葉には重みがあった。小澤先生はにっこりと「本気なら、買うでしょ!」と結んだ。

写真:小澤先生

[ 体験者の声 ]A2プリントを体験した参加者の感想・レビュー

GANREF キヤノンimagePROGRAF PRO-1000で出力するA2プリント体験会