PRO's PRO Voiceポスター/サイン/商用印刷 Vol.02

8色機なのに、10色機並みの再現性。クオリティーとスピードの両立で作業効率が飛躍的にアップしました 株式会社タナックス オペレーター担当 上野美穂 様

オンデマンド出力においても、色はシビアに求められる。

─ タナックスさんの業務内容を教えてください。

印刷業務がメインです。今回PRO-6000Sを導入した私の部署は、オンデマンド印刷を行うところで、個別対応分など、量産で対応すると価格的に合わない小ロットの印刷物や、量産用の試作カラーダミーの出力を行っています。

写真:上野美穂様

─ 大判プリンターを使うシーンを教えてください。

四六版といわれる1200×2400mmの大きな店頭ボードや大判ポスターを出力する時。あとは、大判什器を作る際に1200mm角ほどの大きめのパーツがたくさん発生するのですが、それらは一枚物で出力する必要があるので、その際に大判プリンターが必要です。

─ お客さまからは、何が求められていると感じますか。

一般的にオンデマンドの大判出力ではあまり色調補正を行わないのですが、タレントさんや商品パッケージの印刷を扱っている関係上、色味に対してはオフセットと同程度の印刷レベルが求められます。弊社は、オンデマンドの部署内に製版経験者がいるので、色の細かい表現に対応することができるんです。

8色機なのに、10色機と遜色のない色再現性。

─ PRO-6000Sをお使いになった感想を聞かせてください。

RIPやプリンターの個体差もあると思うんですが、人物をそのまま出力すると、顔や肌が赤浮きして出ることが多いんです。でもPRO-6000Sでは、元データを調整しなくても自然な肌の色味で出力できました。おそらくデータを作られた方のイメージに近い色味なんじゃないかなと思います。

─ 他に色味で気になった点はありますか。

黒がすごく締まるなと感じました。黒って難しくて、プリンターによってはムラが出るんですが、それが見受けられませんでした。黒以外でもベタ面積が大きいと、プリントしていく中でムラや線が出ることがあるんですが、PRO-6000Sはとてもキレイでした。ムラが出るとプリントし直しになるのはもちろん、原因を突き止めるために、いろんなパターンで出してみたり、プリンターを変えたり、検証の時間も必要なので、作業時間も短縮できると思います。

─ 今お使いのプリンターと比べていかがでしたか。

PRO-6000Sの再現性は、今使っている他社製の10色機と比べても、まったく遜色ありませんでした。むしろ、発色性が良くなった印象です。あと、本体サイズにはとても驚きました。使用中の溶剤機と並べると小ささがより際立って「本当に60インチモデル?」と疑いました(笑)。また、給紙や排紙が前面だけで処理できるので、壁側に設置できるのも、スペースを有効に使えて助かりますね。

写真:写真:PRO-6000S
写真:PRO-6000Sでプリントされたもの

一番驚いたのはスピード。作業効率が飛躍的にアップしそうです。

─ 生産性という面では、いかがでしたか。

先ほどお話しした10色機とPRO-6000Sを、ほぼ同じ条件で出力して時間を計ってみましたが、PRO-6000Sは倍に近いスピードで驚きました。この速さで出せるのは嬉しいですね。

─ そのスピードで、期待される効果は何ですか。

作業効率としては、間違いなく飛躍的にアップすると思います。今までは夕方にデータ送信して夜間出力が必要だったものが、日中に色味の確認を行いながら出力をして、インクが乾くのも速いので夕方には製作の全工程を終えられます。当日に加工して仕上げられる量が増えました。“出力待ち”の状態が減らせるんです。処理できる量が増えるので、営業からは「立て込む時期に、より多くのお客さまのご要望に対応できる」という意見も上がっています。

写真:作業中の上野美穂様

─ 色調補正の観点からメリットはありますか。

1回でイメージ通りの色で出力でき、色調補正にかかる時間が減りました。内容にもよりますが、今まで2~3時間くらい取られていたので大きいですね。時間だけでなく、刷り直しによるインクや紙の物理的なコストも減らせますし、お客さまとの色の出し戻しの回数も減っていくと思います。

─ 他に良かった点はありますか。

写真:PRO-6000Sのタッチパネル

安定した出力状態を保つため、今までは毎朝ヘッドのクリーニングをしていたのですが、PRO-6000Sはその必要がありません。ノズルに不具合があっても他のノズルが補完してくれるので、それでも対応できない時だけクリーニングをすればいいんです。クリーニングって、どうしてもインクを使うので、それが少ないというのは、ランニングコスト的にも助かります。また、タッチパネルのアイコンがわかりやすくて、操作しやすいなと思いました。

PRO’sPRO Voice 一覧へ戻る