インクジェットプリンタープレミアムファインアート・スムース技術的特徴

①各層の構造

独自の材料技術と塗工方式により、インク受容層を発色層と吸収層の二層で構成

独立した発色層。インク受容層を発色層と吸収層の二層に機能分離することで、インクの発色成分である顔料と溶媒を素早く固液分離し、表層にのせる顔料インクの量を増やしました。これにより発色特性を大幅に向上させることに成功しました。上質な質感と長期保存に適したコットン材用紙の厚みとコットンの柔らかな質感により、用紙を手に持った時の高級感を実現しました。また、用紙の保存に有害となる成分リグニン・酸を含まない中性紙であり、長期保存に適しています。

②顔料インクの浸透性・定着性

速やかな固液分離により、顔料を用紙表面で固定

「プレミアムファインアート・スムース」では、インク受容層を、顔料を固定する発色層と、それ以外の液体成分を吸いとる吸収層の二層に分離し、インクの浸透性と定着性を極限まで高めることに成功しました。
これによって、用紙のより表面近くで多くの顔料を固定させることができるようになり、顔料濃度を高め、高発色でメリハリのある写真を実現することが可能になりました。

■ 「プレミアムファインアート・スムース」の顔料固定位置

インクを素早く浸透・定着させることで、顔料だけからなる緻密なインクの層を形成します。

③インク受容層のクラック防止

インク受容層の二層塗工により、受容層内のクラックが低減

インク受容層内にクラックが発生すると、最表面に顔料が留まらないため発色性が低下してしまいます。
「プレミアムファインアート・スムース」では、インク受容層を二層塗工することで乾燥によるシリカ粒子の収縮を最小限に留め、クラックの発生を低減させています。

クラックがあると最表面に顔料が残らない。クラックがないと顔料が紙の表面にきれいにとどまっている。
このページのトップへ