大判プリンター「耐水メディア」とは屋外耐候性

評価方法

水性インクジェット用紙としては、ラミネートなしで、最長6ヶ月間相当屋外でご使用いただけます。実際の気候、屋外の掲示、展示方法によっては上記の保存性が発揮できない場合がございます。表示期間は、キヤノン(株)の加速度試験によりシミュレーションされたものであり、キヤノン(株)が保証するものではありません。

屋外耐候性最長6ヶ月間相当評価方法

ISO18930(屋外条件下における画像安定性の試験方法)に準じ、加速度試験および屋外掲示実験(東京地区、9月〜翌年2月)を行い、双方のデータの相関をとり検証したものです。具体的には、JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)発行のデジタルカラー写真プリント画像保存性試験方法(JEITA CP-3901A)を参考にした寿命判断基準。およびISO18947に準拠した摩擦試験で基材とインク受容層の密着性が特定レベル以下に低下した時点をリミットポイントとして判断しています。

サンプルで比較・検討したい

このページのトップへ