産業用ドローンX-S1(葉色解析サービス「いろは」)概要

農業用ドローン X-S1(葉色解析サービス「いろは」)

基本情報

商品名
X-S1(葉色解析サービス「いろは」)

葉色解析サービス「いろは」のドローンX-S1は、自律飛行型で圃場をくまなく撮影し、クラウド経由でいつでもどこからでも葉色を診断できるサービスです。色葉(いろは)を通じて、葉の状態を理解するためのイロハを提供し、適切な生育管理によって収穫・品質の向上につながる攻めの農業経営をお手伝いをします。

おもな特長

自律飛行・自動撮影により、圃場をくまなく撮影

X-S1は自律飛行型4枚機で、簡単なボタン操作により事前に設定した飛行経路を飛行し、圃場の画像を自動的に取得します。高高度からの撮影により圃場全体を、低高度からの撮影により葉色の詳細を撮影することが可能です。

全天候型により、雨でもすぐに圃場を確認

X-S1は雨天時でも飛行が可能な全天候型機体です。害虫発生や生育ムラの要因ともなる悪天候時にも飛行し、圃場に入ることなく、最新状況を確認することが可能です。

農薬散布機「X-F1」との連動により、適所散布を支援

「いろは」を通じて害虫発生地点などの農薬散布が必要な場所を確認し、農薬散布機X-F1によりその場所に散布をする「適所散布」を支援します。コストパフォーマンスに優れた適時・適量散布の実現に貢献します。

アプリケーション「いろは」との連動により、葉色解析を簡単に

X-S1専用のクラウドサービス「いろは」と連携することにより、機体の点検、飛行状況の確認、葉色画像の診断・管理をインターネットを通じて簡単に行えます。害虫発生地点、倒伏、土盛などの重要な情報を入力することで画像と一元管理し、きめ細かな生育管理を実現します。

このページのトップへ