レーザーロータリーエンコーダ商品一覧

キヤノン独自の超精密光学技術を活かした高精度回転角度センサーです。 光源に半導体レーザーを採用した回折光干渉方式により、超小型化と高パルスの両立を実現しました。 ロボット分野、工作機械分野、計測機分野など幅広い分野で高精度の計測と制御を可能にします。

レーザーロータリーエンコーダ

商品特長

原理

レーザーロータリーエンコーダの原理図

図のようにグレーティングディスクの回転中心に対し、点対称な2点にレーザ光を入射すると、レーザ光はグレーティングディスクにより回折されます。
この回折光の片側は+1次の回折光を、もう一方の側は-1次回折光を利用します。
左右各々の±1次回折光は、グレーティングディスクの1ピッチ回転により、位相が各々±2π変化します。
この±1次の回折光を左右のミラーで反射させグレーティングディスクに往復に入射させると、位相は±4π変化します。
この往復±1次1回折光を干渉させることにより4周期の明暗変化になり、グレーティングディスクの1ピッチ回転で4個の正弦波信号が得られます。

応用例

この商品に関するお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 生産革新機器営業部 CB販売課

電話番号
03-3740-3336
FAX番号
03-3740-3356
住所
〒108-8011 東京都港区港南2-16-6 CANON S TOWER
  • 年末年始弊社休業日は休ませていただきます。
このページのトップへ