キヤノンマーケティングジャパン株式会社 投資家向け情報IRポリシー

基本方針

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下当社という)は、株主・投資家の皆様に、適時、適切なIR情報を公平に発信するために、積極的にIR活動を行います。また、一方的な情報発信にとどまらず、皆さまのご意見に真摯に耳を傾け、IR活動に反映させてまいります。

IR情報開示基準

当社は、法令および東京証券取引所が定める規則に従い、迅速、正確かつ公平にIR情報の開示を行います。

また、当社の経営方針や事業内容をご理解いただくために有用であると当社が判断した情報についても、積極的に開示します。

IR情報開示の方法

当社は、適時開示規則が定める重要事実に該当するIR情報の開示を、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システムを通じて行います。規則などに該当しない情報については、当社ウェブサイトなどで速やかに開示します。

将来予測に関する考え方

当社がIR情報として発信する情報には、当社および連結子会社の計画、戦略、業績など将来の見通しに関する記述が含まれています。これには既知または未知のリスク、不確実性およびその他の要因が内在しています。

詳しくは「免責事項」をご覧ください。詳細へ

沈黙期間の設定

当社では、重要な会社情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として、各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、決算に関連するコメントの授受、関連質問への回答などを控えることとしています。なお、すでに公表されている情報に関する問合せについては、この限りではありません。

ご参考(東京証券取引所 提出書類)

このページのトップへ