キヤノンキッズパーク2017トップへ

未来のカメラデザインコンテスト 結果発表!

キヤノンキッズパーク2017(2017年7月21日~8月31日)では、小学生のお子さまを対象に「未来にあったらうれしいカメラ」のデザインを募集しました。応募総数81作品の中から厳正なる審査のもと、グランプリを含む4作品が決定しました。受賞された皆さま、おめでとうございます!

グランプリ「ずかん♪カメラ」原 未由那ちゃん 2年生

審査員コメント(キヤノン株式会社 総合デザインセンタースタッフ)

撮影した生きものの名前や説明が、その場でわかる便利なカメラです。
あちこちに出かけて行って、自分だけの図鑑を作りたくなりますね。
カメラやレンズの色がカラフルで、わくわくしながら使えそうです。
カメラを使っている様子がわかりやすく、細かな部分までていねいに描けています。

準グランプリ

「思い出プラス ドキッンドキッンカメラ」
りんちゃん 4年生

審査員コメント

楽しかった思い出をくり返し体験できるなんて、まさに未来のカメラですね!
雲の形をしたカメラにハート型のレンズ、太陽のストロボ、虹色の三脚など、たくさんの素敵なアイデアに感心しました。ふわふわの雲でできた可愛いヘルメットが、虹色の思い出を取り込んでいる絵は色合いもきれいで、とても上手に描かれています。
こんなカメラがあったら、子供のころの気持ちを忘れない素敵な大人になれますね!

アイデア賞

「スプレー缶メラ」
長澤 司真くん 5年生

審査員コメント

「スプレーされた細かい粒子がカメラになる」斬新な発想とアイデアに驚かされる作品です。普通のカメラで撮影できない狭い場所や、ペットにスプレーすればペットの目線で映像が見られるなど、新しい使い方も良く考えられています。Micro Lookというネーミングや、絵も上手に表現されていて良く伝わってきます。これからも豊かな発想で新しいデザインにチャレンジしてください。

デザイン賞

「猫LOVEねこのてCamera」
ねねちゃん 4年生

審査員コメント

このカメラには猫ちゃんを撮るための色々な工夫や面白い機能が搭載されていています。「猫パンチをされても傷ひとつつかない丈夫なボディー」や「三脚になるシッポ」は面白いなぁと思いました。猫のイメージを上手にカメラの形に取り入れているところも良いです。これなら猫ちゃんのベストショットがバッチリ撮れそうですね。

選考の様子

9月11日、キヤノン株式会社(本社)にて、総合デザインセンタースタッフと事務局スタッフによる選考会を行いました。お子さまの自由な発想で生まれたたくさんの力作に、選考は大変難航しました。

キヤノン(株)総合デザインセンター所長 コメント

昨年同様たくさんの作品を御応募いただき、ありがとうございます。
どの作品も大人には思いつかない子供ならではの視点がとてもユニークで審査会場は楽しい雰囲気に包まれました。
年々レベルが上がっている様で、細かい部分までよく考えられているものや丁寧な色付けがされているものなど魅力的な作品が増えてきたなぁと感じました。
皆さんの作品を見ると、集中して熱心にデザインしている皆さんの姿が想像されます。
これからもアイデアを絵で表現する事を続けてくださいね。

このページのトップへ