ラベルプリンターLX-P5500特長

高い耐久性を、もっと速く。オンデマンドカラーラベル印刷。 COLOR LABEL PRINTER LX-P5500 顔料インクモデル

4色インクジェットでフルカラーオンデマンド出力

LUCIA EXインク(イメージ)

LX-P5500は、4色のインクジェット方式によりラベルのフルカラー出力を実現。また高い耐候性を持つ顔料インクの採用により、幅広い業務においてフルカラーラベルのオンデマンド印刷が可能です。

最速毎秒150mmのフルカラーオンデマンド出力

ライン印刷方式採用により、最速毎秒150mmの高速フルカラー出力を実現。一般的なインクジェットプリンターでは、プリントヘッドが左右に往復しながら印字(シリアル方式)しますが、ライン方式ではプリントヘッドの幅が広いためヘッドが固定され、用紙だけが動くので、高速プリントが可能です。

最速毎秒150mmのフルカラーオンデマンド出力(イメージ) ライン方式採用による超高速プリント
LXシリーズのプリントヘッドはライン方式を採用し、高画質と高速プリントを両立しています。

解像度1200dpiの高精細出力

解像度は、従来機に比べ2倍の1200dpiを実現。情報密度の高いバーコードや、最新の省スペース型バーコードを限られたラベルスペースに表示できます。また、極小文字もシャープに再現します。

解像度1200dpiの高精細出力(イメージ)

高耐候インクがラベルの長期使用を実現

LX-P5500は耐候性に優れた顔料インクを採用。長期にわたって色の安定性が求められる現品票や物流ラベルなどの作成に最適です。

高耐候インクがラベルの長期使用を実現(イメージ)

インクを効率的に使えるインクジェット方式

使用されなかった部分も含めてラベルと同じ面積のインクリボンを消費する「熱転写インクリボン方式」に比べ、プリントする部分だけに吐出する「インクジェット方式」なのでインクを効率的に使えます。

熱転写インクリボン方式

熱転写インクリボン方式(イメージ)

ラベルのサイズやデザインにかかわらず、ラベルと同じ面積のインクリボンを消費し、使用しなかった部分のインクリボンはムダになります。また、使用済みのインクリボンから機密情報が漏洩する恐れがあります。

インクジェット方式

インクジェット方式(イメージ)

ラベルのサイズやデザインに応じて必要なインクだけを使用するため、ムダがなく経済的です。また、印字した情報が用紙以外に記録されることがないので安心です。

各色240mlの大容量インクタンクを採用

各色240mlの大容量インクタンクを採用(イメージ)

BK/C/M/Y各色240mlの大容量インクタンクを採用。大量のラベル/タグ出力にも、インクタンクの交換頻度を減らすことができ、業務効率の向上につながります。

省スペースと信頼性を両立したコンパクトデザイン

さまざまな業務環境に対応できるように、省スペース化を実現。また、ロール紙が外部に露出しない構造によって、ホコリや汚れのトラブルを防ぎます。

省スペースと信頼性を両立したコンパクトデザイン(イメージ)

従来機との比較

従来機との比較 幅

高さ

従来機との比較 高さ

奥行き(上面から見た図)

従来機との比較 奥行き

各色ごとに交換できる大容量インクタンク

インクタンクは、Bk/C/M/Yの各色ごとに交換できる独立型。各色一体型のインクカートリッジに比べ、使い切った色のみを交換するため、無駄がなく経済的です。また、各色240mlの大容量インクタンクを採用。インクタンクの交換頻度を減らし、業務効率の向上につなげます。

各色ごとに交換できる大容量インクタンク(イメージ)
各色ごとに交換できる大容量インクタンク(イメージ)各色一体型のインクカートリッジは
使い切らないインクが発生します。

容易な用紙交換、用紙カット、ジャム処理作業

ロール紙の交換は、用紙がセットされたロールホルダーごと交換するだけ。また、出力された用紙のカットやジャム処理も、簡単操作で作業が行えます。

ロール紙のセット

ロール紙のセット(写真)

ファンフォールド紙のセット

ファンフォールド紙のセット(写真)

ジャム処理の際は上ユニットをオープン

ジャム処理の際は上ユニットをオープン(写真)

ラベルの手動カット

ラベルの手動カット(写真)

インクタンク交換

インクタンク交換(写真)

メンテナンスカートリッジのセット

メンテナンスカートリッジのセット(写真)

長さ6mm〜500mmのさまざまな用紙に対応。

ラベル用紙は、ロール紙とファンフォールド紙の両方を使用でき、マット紙、光沢紙、合成紙などさまざまな用紙に対応しています。また、最小6mmの長さから500mmの大型ラベルまで対応可能なため、幅広い用途や業種に応じたラベル発行が可能です。

長さ6mm〜400mmのさまざまな用紙に対応。(イメージ)

長さ6mmの小さなラベルにも対応

長さ6mmの小さなラベルにも対応

最小で幅25.4mm×長さ6mmの極小ラベルに印刷可能。また、高精細1200dpiのプリントヘッド搭載により、GS1データバーをはじめとする省スペース型バーコードの印字にも対応します。

  • 幅25.4mmは台紙を含みます。

オプションでラベル発行の効率がさらにアップ

用途に応じて、ラベル発行業務をさらに効率化するオプションをご用意しています。

オートカッターユニット

オートカッターユニット(イメージ)

ラベル・タグのカット位置やカット間隔を設定し、自動でカットすることができます。

用紙巻き取り装置

オートカッターユニット(イメージ)

出力されたラベル・タグを自動で巻き取ることができます。

ロールホルダー

オートカッターユニット(イメージ)

複数のロール紙を使用する場合には、オプションのホルダーをご利用いただくと便利です。

高速ネットワークインターフェースを標準搭載

長さ6mmの小さなラベルにも対応

インターフェースには、1ギガビット/秒のデータ送信が可能な「1000Base-T」と「USB2.0」を標準搭載。さらにプリンターステータスを外部制御機器から取得することが可能な拡張インターフェースとして「RS-232C」を搭載しています。

ラベルのカラー化でもっと見やすく、もっと魅力的に

LX-P5500出力用途例

現品票

現品票(イメージ)

ラベル・タグのカット位置やカット間隔を設定し、自動でカットすることができます。

現品票

現品票(イメージ)

枠線の色分けで誤発送や誤納品を防止。

かんばん

かんばん(イメージ)

特に重要な情報はカラー化で視認性向上。

GHSラベル

GHSラベル(イメージ)

化学品のGHSマークの赤表示で取扱者の注意を喚起。

試薬ラベル

試薬ラベル(イメージ)

ラベルの色分けや薬品名のカラー表示で取り違えや誤使用を防止。

医材用ラベル

医材用ラベル(イメージ)

医材の種類ごとの色分けで誤使用を防止。

出荷指示ラベル

出荷指示ラベル(イメージ)

カラーコードの導入で読み取りの手間を大幅軽減。

出荷指示ラベル

出荷指示ラベル(イメージ)

納入先や重要な情報をフルカラーで出力して見落としや誤配送を防止。

このページのトップへ