ラベルプリンター食品製造業(商品表示ラベル)

小ロット多品種のラベルを内製化して、コスト削減しませんか?

比べてみてください!モノクロラベルとカラーラベルのコストを

キヤノンのラベルプリンターなら、モノクロラベルとほぼ同等な価格でカラーラベルの作成が可能です。今、貴社でお使いのラベルとも、ぜひ比較してみてください。

図:モノクロプリントとカラープリントのコスト比較。モノクロ合計1.36円、カラー合計1.32円とほぼ同等のコストパフォーマンス
コスト算出条件
サイズ:2×1.5インチ(47×38mm)、用紙種類:マット紙の場合、表示価格は、標準価格(税別)です。上記サンプルは、モノクロラベル、カラーラベルともにLX 760で出力しました。
  • 上記インクコストは、弊社測定(ドットカウント方式により算出)。

課題

導入効果

ラベルプリンターで、小ロット多品種のラベルをオンデマンド発行!

必要なときに必要な枚数だけラベルをプリントできるのが、ラベルプリンターの大きな魅力。
少ロット多品種の商品も、生産数量に合わせてラベルを発行することができます。これまでラベルの発注ロットが大きいため、最後は廃棄ラベルとしていたラベルのコストも削減することができます。

図:無地ラベルから多品種のラベルが印刷可能!

急な納期やラベルのデザイン変さらに迅速に対応!

無地のラベルに直接カラープリントすることで、従来の外注印刷工程を大幅に削減。 急な納期やラベルデザイン変さらにも、迅速に対応できます。

図:LX 740/760/760RFによる直接プリント方式 外注によるプレ印刷方式

商品ラベルと賞味期限ラベルなどの可変情報の一元化も実現!

今まで、商品ラベルと、賞味期限やバーコードといった可変情報のラベルを別々に貼り付けていませんでしたか?
ラベルプリンターなら、複数のラベルを一元化することが可能となります。作業工程を減らすことのできる、業務改善の有効な手段となります。

図:商品ラベルの一元化

導入事例

森松水産冷凍株式会社

パッケージラベルや表示ラベルのオンデマンド印刷が可能になったことで「商品開発スピードがアップした」「表示項目の変更が容易になった」などさまざまな導入効果があったそうです。

食品表示最新動向PDFダウンロード

月刊食品工場長2012年8月号(1.35MB)PDF

関連商品

今なら 商品表示ラベルのプリントサンプル無料プレゼント実施中! 左のような商品表示ラベルのプリントサンプルやカタログなどのお役立ち資料をお届けします。印刷品位をぜひご確認ください。
サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
このページのトップへ