ラベルプリンター医療材料製造業(現品表示ラベル)

最新のバーコードへの対応と、識別しやすいラベルで、顧客信頼度が向上。

医材の製造情報をわかりやすく表示したラベルでミスを防ぐ

医療機器・医療材料への標準バーコードとして、GS1-128の表示、またトレーサビリティー確保と医療過誤防止を目的に、医療用医薬品へのGS1データバーの表示が求められています。

写真:医療ラベル使用例

メーカー、輸入商社の課題

導入効果

写真:医療ラベル使用例

法令の改正にも迅速に対応可能

法改正などによりラベル表示を変更する必要が生じた場合でも、ラベルを印刷時に情報やレイアウトを自由に変更できるキヤノンのラベルプリンターなら迅速に対応可能です。二次印刷方式の際に発生していた廃棄ラベルの低減にもつながります。

従来のプレ印刷方式
従来のプレ印刷方式
ラベルプリンターの場合
カラーラベルプリンターの場合

GS1データバーへの対応

写真:GS1データバーへの対応

2008年9月より医療用医薬品への適応が開始されたGS1データバー(RSS)。消費期限や商品コードなど複数の要素を省スペースに表示できることが特長のこのバーコードにも、キヤノンのラベルプリンターと専用ソフト「LabelCreate」の組み合せなら容易に対応できます。もちろん、元梱包に使用されるGS1-128も作成可能です。

関連商品

今なら プリントサンプル無料プレゼント実施中! 業種別プリントサンプルやカタログなどのお役立ち資料をお届けします。印字品位の確認にぜひご活用ください。
サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
このページのトップへ