ラベルプリンター高機能ラベル作成ソフトウエア BarTender自動印刷ソリューション

自動印刷の仕組みを実現する際のよくある課題

自動印刷の仕組みをBarTenderでかんたんに構築可能

基幹システムからCSVファイルを指定したフォルダーに保存すると、自動で指定したラベルにデータを差し込みし、指定したプリンターに印刷することができます。

自動印刷の仕組みをBarTenderでかんたんに構築可能

使用例:受付システムの場合

事前に、会員データベースのシステムを用意しておきます。
招待状に記載されたバーコードを読み取り、会員データベースと照合し、CSVファイルをあるフォルダーに保存する仕組みがあるとします。

  1. 受付でバーコードを読み取り、CSVファイルをあるフォルダーに保存します。
  2. BarTenderがフォルダーを自動監視し、CSVファイルが保存されるとそのデータを読み込みます。
  3. 予め設定した情報(会員番号001番はVIPのため黄色の席札とVIPロゴを印刷。会員番号002番は一般のため、青色の席札と顔写真を印刷するなど)を基に、プリンターに自動で差し込み印刷をします。
このページのトップへ