マシンビジョンRV500特長

RV500 産業用ロボットと組み合せてバラ積み部品を3次元認識し、高精度でピッキングを可能にするロボットの眼
商品の利用イメージ動画をご覧いただけます。商品紹介動画を見る

多様な部品を高速・高精度に認識

高精度な三次元認識
  • 曲面のある部品や形状に特長の少ない部品、複雑な構造をした部品など、さまざまな部品に対して高精度な3次元認識が可能。
  • 不規則に山積みされている部品を“RV500”が認識して、ロボットアームを制御するコントローラーにデータを送信する時間が約1.8秒と短いため、スピーディーに部品を供給。
  • 最大540mm(縦)×540mm(横)×200mm(高さ)の広い計測範囲に対応。大きな部品が不規則に山積みされていても、高精度な認識が可能。
RV500の計測範囲

CADデータを用いて複雑な部品認識を簡単に設定

処理フロー

部品の3次元位置姿勢を瞬時に計測可能

本商品による部品供給

  • シンプルな部品供給ラインを実現
  • 仮置き不要なためタクトタイムが短い

他社ビジョンによる部品供給

  • 2ステーション必要なためライン配置が複雑
  • 仮置き工程が入りタクトタイムが長い
  • ワークの形状/姿勢に制約あり

製造ラインのイメージ

このページのトップへ