ビジネスインクジェットプリンターMAXIFY MB2330ユーザビリティ

MAXIFY MB2330 高速プリント・大容量給紙を実現するベーシック複合機。

スモールオフィスに適したスマートなデザイン

多彩な機能をコンパクトなボディに凝縮。機能性を保ちつつ、オフィスレイアウトに配慮した設計です。すべてのパーツをマットなブラックで統一することで、汚れも目立ちません。

大量の用紙がセット可能「2段カセット」

大容量給紙

上段の用紙が切れても自動的に下段に切り替わるほか、種類の異なる用紙も同時に給紙でき、交換の手間を省きます。

タッチで直感的に操作できる「3.0型カラータッチパネル」

3.0型カラータッチパネル

タッチパネルを採用することで、直感的なボタン操作が可能。利用機会の多い機能をカスタム登録すればワンタッチで呼び出せるので便利です。

インクコストを低減「大容量&独立インクタンク」

大容量&独立インクタンク

1枚当たりのプリント代がオトクになる大容量インクタンクをご用意。インクタンクの交換頻度を低減し、作業効率を高めます。また独立タンクなのでなくなった分だけ交換でき、各色ムダなく使いきれます。

大容量&独立インクタンク

普通紙も写真も美しく「MAXIFY用・新開発顔料インク」

グラフや文書、写真※1、WEBページなど多様なビジネス文書を、適した色設計で鮮やかに表現。さらに新開発のMAXIFY用顔料インクは黒濃度が高く文字がはっきりと読みやすいほか、マーカーを引いた時もにじみにくい、紙の重なりによる摩擦にも強いなどの特長があります。

MAXIFY用・新開発顔料インク

急いでプリンターを使いたい時に便利な「JOB予約」

他の人がプリント中に急いでプリンターを使いたい時、割り込む形でコピーの予約やスキャン/ファクスを設定することが可能。プリンター共有時のストレスを軽減します。

JOB予約

消費電力を抑え電気代を低減「低TEC値&電源管理設定」

TEC値 0.3kWh

レーザープリンター※2に比べ消費電力が低いほか、電源ON/OFFを時間で管理できるので、深夜つけっぱなしということがなく電力コストを節約できます。

  • ※2 財団法人 省エネルギーセンターがホームページにて公開している2014年度に登録された国際エネルギースタープログラム適合レーザープリンターとのTEC値の比較において。キヤノン調べ。2014年8月28日現在。本製品のTEC値は、キヤノンが独自に、国際エネルギースタープログラムで規定されるTEC測定手順を用いて算出したものです。
このページのトップへ