メンタルヘルスと健康経営・働き方改革

「健康経営」で注目されるメンタルヘルス対策

最近、「健康経営」※1という言葉がトレンドになっています。健康経営とは、「従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること」です。※2企業が存続し、成長していくためには従業員の「健康」が不可欠です。従業員の健康に配慮した経営は、従業員満足や生産性向上につながるだけでなく、新しい優秀な人材の獲得にもつながります。生活習慣病予防などフィジカル面のケアも重要ですが、メンタル面のケアも重要です。一見健康そうに見えていても、実はメンタル面で無理をしていて、知らず知らずのうちストレスや疲労が蓄積してメンタル不調に陥ってしまうということも珍しくありません。従業員が自分自身のストレスへの気づきを促すストレスチェックなどをきちんと実施し、メンタル不調を未然に防ぐ取り組みが大切です。

健康経営がもたらす効果

従業員が心身ともに健康に働ける職場環境 医療費削減/生産性向上/従業員満足度の向上/ブランドイメージ向上/人材の維持確保/リスクマネジメント

イチから学べる「働き方改革」 ~改革の意味とその具体的な進め方とは?~

メンタルヘルスマネジメントTOPへ
今ならトライアル・詳細資料プレゼント 無料 ストレスチェックや適性検査、研修などの詳細資料を無料ダウンロード。無料トライアル・Web相談会も実施中!

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ