経営課題としてのメンタルヘルス

メンタルヘルス対策は重要な経営課題です

ストレス社会といわれる昨今、仕事に関する不安や悩みを抱えてメンタルに不調をきたす労働者が増えています。業務における心理的負荷や長時間残業が原因とみられる過労自殺が大きな社会問題となっています。一度の問題・不祥事がブランドイメージの低下だけでなく、職場モラルの低下、勤労意欲の低下、離職などにつながり、業績な悪化・倒産などにつながる大きなリスクをはらんでいます。

過労による自殺などメンタルヘルス不全による問題・不祥事→ブランドイメージ低下/職場のモラルの低下/勤労意欲の低下→企業業績悪化・倒産のリスク

これからのメンタルヘルス対策はパフォーマンス向上にむけた「投資」という考え方

メンタルヘルス対策にきちんと取り組んでいる企業は、ブランドイメージの向上はもちろん、生産性や創造性といったパフォーマンス向上にも効果があると言われています。従来のメンタルヘルス対策は企業にとって「リスク」「コスト」というマイナスのイメージが強かったかもしれませんが、今後はパフォーマンス向上に向けた「投資」として積極的に取り組むべき重要な経営課題の一つとなってきています。

従来のメンタル対策:リスク管理/コスト/対処療法/不調者 これからのメンタル対策:パフォーマンス向上/投資/予防中心/全従業員
次へ進む
メンタルヘルスマネジメントTOPへ
今ならトライアル・詳細資料プレゼント 無料 ストレスチェックや適性検査、研修などの詳細資料を無料ダウンロード。無料トライアル・Web相談会も実施中!

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ