メンタルヘルス・マネジメント検定のススメ

今、企業では、メンタルヘルスに向けた取り組みが急務になっています。筆者は、「メンタルヘルス・マネジメント検定試験対策講座」を開催していますが、最近、参加する人から「心の病を抱えている社員が増えている」「心の病による休職者が増えている」という話をよく聞きます。また、企業や大学からも「社員や職員に心の病による問題が増えているので、メンタルヘルスに関する研修をしてほしい」という依頼も増えています。
さらに2015年12月から50名以上の事業所ではストレスチェックが義務されました。ただ、ストレスチェックはあくまで現状の把握であり、チェックだけで職場のストレスが改善されるわけではありません。ストレスチェックを通じて浮き彫りにされた職場の課題に対してきちんと改善策を実施すること大切です。

そのような中でストレスチェック後の職場改善策の一つとしてオススメなのが、大阪商工会議所が主催している「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」です。「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」は大阪商工会議所が主催している検定試験で、I種(マスターコース:人事労務管理スタッフ向け)・II種(ラインケアコース:管理監督者向け)・III種(セルフケアコース:一般社員向け)の3つのコースがあります。2006年の実施以来、年々、受験者数も増加しており、今、注目の資格試験となっています。

企業によっては、管理職全員にII種(ラインケアコース)の取得を義務付けたり、新入社員研修の一環としてIII種(セルフケアコース)を受験させるところもあるようです。一般的なメンタルヘルス研修では、習得度合いなどの効果測定が難しいですが、資格試験は合否が明確なので成果が数値で見えてわかりやすいというメリットもあるようです。
キヤノンMJグループのエディフィストラーニング株式会社が実施する「メンタルヘルス・マネジメント検定試験対策講座」では、単なる資格取得のため対策講座ではなく、実際の業務でも役に立つ直ぐに実践できる内容を盛り込んだ研修を実施しています。これから社員のメンタルヘルス教育を検討されているのであれば、ぜひ「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」を実施してみてはいかがでしょうか?

メンタルヘルスマネジメントTOPへ
今ならトライアル・詳細資料プレゼント 無料 ストレスチェックや適性検査、研修などの詳細資料を無料ダウンロード。無料トライアル・Web相談会も実施中!

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ