ストレスチェックの概要

ストレスチェック制度って何ですか?

「労働安全衛生法の一部を改正する法律」によって、従業員50人以上の事業所においてはストレスチェックの実施が義務化されました。このストレスチェック制度の目的は、高ストレス者の抽出ではありません。あくまでメンタル不調者を出さないように個人の気づきを促し、働きやすい職場環境づくりにつなげることが目的です。

ストレスチェック制度の目的

ストレスチェック制度の目的:一次予防(メンタル不調者を出さない)/気づき(個人・組織)/職場改善

50人以上の事業所で企業が最低限やるべきこと【義務】

ストレスチェックを実施するためには、事業者による「基本方針の表明」、実施規定づくり、医師の確保など多くの実施事項があります。また、従業員が誤解や不安をもたないように、事前にきちんと周知し、理解を得ておく必要があります。

ストレスチェックの実施+基本方針の表明/規定づくり/医師や事務従事者の確保/従業員への周知/セキュリティー環境の確保/医師面接のフロー整備と実施/面接指導を行う医師の確保/労働基準監督署への実施報告

「できるだけ実施」すべきこと【努力義務】

ストレスチェック制度の目的はメンタルヘルス不調の一次予防なので、個人のチェックだけでなく、集団ごとの分析を行い、職場環境の改善を行っていくことが大切です。

  • ストレスチェックの集団分析
  • 職場環境改善

効果を出すために実施すべきこと【推奨領域】

高ストレス者が医師面接を受けるには、会社側に申し出をする必要があります。医師面接とは別にカウンセリングなど会社に知られずに相談できる窓口を用意しておくことが望ましいです。また高ストレス者だけでなく、全従業員へのメンタルヘルス教育を継続的に行っていくことが大切です。

  • 外部相談窓口の設置
  • 全従業員へのメンタルヘルス教育
  • メンタルヘルスに精通した医師の確保

ストレスチェック制度についてもっと詳しく知りたい方は、以下より「ストレスチェックまるわかりガイド」をダウンロードできます。

メンタルヘルスマネジメントTOPへ
今ならトライアル・詳細資料プレゼント 無料 ストレスチェックや適性検査、研修などの詳細資料を無料ダウンロード。無料トライアル・Web相談会も実施中!

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ