ストレスチェック制度義務化対応サービス「アドバンテッジタフネスシリーズ」価格

導入目的で選べる「アドバンテッジタフネス」ラインアップ

今回の法改正の内容を踏まえ、まずメンタルヘルス対策の基本方針を決めることが重要です。どこまで対策をするのか、どのような検査を使うのかなどで、選択するツールが変わります。

メンタルヘルス不調者予防だけでなく組織改善・活性化も目指したい場合

アドバンテッジタフネス スタンダード ストレスチェック:◎ タフネス度含む110問 医師面談:◎ 標準 追加費用なし セルフケア:◎ One to One学習/ゼミナール カウンセリング:◎ 誰でも何回でも利用可能 組織診断:◎ 改善すべき課題の優先度、施策集

メンタルヘルス不調者予防から対応までをしっかりと行いたい場合

アドバンテッジタフネス ベーシック ストレスチェック:○ 厚労省57問 医師面談:○ オプション セルフケア:◎ One to One学習/ゼミナール カウンセリング:◎ 誰でも何回でも利用可能 組織診断:○ 職場のストレス判定図

ストレスチェック・組織診断をしっかり行い、職場改善につなげたい場合

アドバンテッジタフネス スタンダードチェック ストレスチェック:◎ タフネス度含む110問 医師面談:○ オプション セルフケア:◎ One to One学習/ゼミナール カウンセリング:× 組織診断:◎ 改善すべき課題の優先度、施策集

今回の法改正に対応できる、最低限の内容で十分な場合

アドバンテッジタフネス ベーシックチェック ストレスチェック:○ 厚労省57問 医師面談:○ オプション セルフケア:◎ One to One学習/ゼミナール カウンセリング:× 組織診断:○ 職場のストレス判定図
メンタルヘルスマネジメントTOPへ
今ならトライアル・詳細資料プレゼント 無料 ストレスチェックや適性検査、研修などの詳細資料を無料ダウンロード。無料トライアル・Web相談会も実施中!

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ