医用画像クラウドサービス医用画像システムサービス概要

医用画像システムサービス Medical Image Place

“医用画像システムサービス”を利用することで、医師はCTやMRI、X線撮影装置などで撮影した患者の検査画像をクラウド上で保管でき、必要に応じてクラウド上から医用画像を閲覧できます。医用画像や汎用画像・文章データは、キヤノン株式会社が提供する「統合医療画像管理システム」の画像俯瞰機能を活用することで、画像種別と時系列のマトリックスで表示できます。
また、「Medical Image Place」専用端末を施設内に設置することで、クラウドの通信形態が各省庁のガイドラインに準拠した高度なセキュリティー環境を構築できます。
さらに、従来の設置型のPACS(医用画像管理システム)で必要な、サーバー・ソフトウエアの購入や複雑なネットワーク構築、保守サービスの加入などが不要で、サーバーやソフトウエアをクラウド経由で必要に応じて利用することができ、システムの保守サービスを最小限に抑えることが可能です。

医用画像システムサービス 概要図

おもな特長

さまざまな画像から文書まで患者ごとにマトリックス表示

X線一般撮影画像やCTなどのDICOM画像だけでなく、デジタルカメラで撮影した静止画や動画、紙の紹介状や診断書の文書データまで、患者ごとに一覧でマトリックス表示することが可能です。マトリックス表示により医療従事者の画像参照のスピード化が図れ、必要な情報を一目で見つけることができます。また、特別なソフトウエアをインストールする必要がなく、ウェブブラウザーで動作するため、場所を選ばず画像を参照することが可能です。

在宅医療での利用を想定したタブレット対応

かかりつけのクリニックで撮影された画像はキヤノンMJグループが運営するクラウドサービス基盤に保管され、在宅で診療する場合は過去の画像をタブレットから確認することが可能です。また、夜間や救急時に専門医が自宅の端末を利用して画像の確認、レポートの記入を行うことで、病院にかけつけることなく迅速に閲覧することが可能になります。

地域医療連携で検査予約と画像の共有が可能

地域内で連携している病院とクリニックを結ぶオンライン検査予約を搭載しています。連携した医療機関の各種検査機器をいつでも予約でき、地域での包括的な医療の質向上に貢献します。また、連携先の病院で実施した検査画像と読影を行ったレポートはWEB上から閲覧できます。

このページのトップへ