Medical Image Place遠隔読影インフラサービス概要

遠隔読影インフラサービス Medical Image Place

読影依頼施設がCTやMRIなどで撮影した検査画像を読影事業者が読影し、読影レポートを依頼施設に返す仕組みを提供する「遠隔読影インフラサービス」。
クラウド型のサービスにより、煩雑なシステム構築の必要がなく、初期費用を抑えつつ、すぐに始めることができます。

遠隔読影インフラサービスにおける読影データの受渡しイメージ

おもな特長

遠隔読影のためのさまざまな業務を支援し、利用者に安心安全な環境を提供します。本サービスを支えるクラウド基盤は自社が運営するサービスを利用することで、お客さまのニーズにワンストップで応える体制をとっています。また、本サービスの通信形態は厚生労働省などのガイドラインに準拠し、セキュリティー対策や多重保管などの対策も講じています。

読影事業者さま・読影医さまのメリット

読影依頼施設さまのメリット

サービスの機能一覧

このページのトップへ