ニュースリリース
2004年6月3日

キヤノンがデジタルカメラ2機種とコンパクトフォトプリンター1機種を発売
新開発の「UAレンズ」により広角・高倍率ズームと薄型化を達成した "PowerShot S60"
携帯電話からのワイヤレスプリントも可能なコンパクトフォトプリンター "CP-330"
「IXY DIGITAL 500」の限定ホワイトモデル "IXY DIGITAL 500 White Limited"



キヤノンはデジタルカメラ2機種とコンパクトフォトプリンター1機種を、6月中旬より順次発売します。

PowerShot S60
PowerShot S60
IXY DIGITAL 500 White Limited
IXY DIGITAL 500 White Limited

CP-330
CP-330

キヤノン デジタルカメラ PowerShot S60‥‥ オープン価格 (発売日:2004年6月18日)※3
キヤノン コンパクトフォトプリンター CP-330‥‥ オープン価格 (発売日:2004年7月中旬)
キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 500 White Limited‥‥ オープン価格 (発売日:2004年6月25日)※4

※3 発売予定を6月中旬から6月18日に確定しました。
※4 発売予定を6月中旬から6月25日に確定しました。



"PowerShot S60" は、コンパクトボディと上位機種なみの多彩な撮影機能で高い評価を得ている、PowerShot Sシリーズの新モデルです。最大の特長は、新開発の光学3.6倍ズームレンズ(35mmフィルム換算:28-100mm相当)です。従来機種「S50」(2003年3月発売)よりも広角化・高倍率を図りながらも、ガラスモールド非球面レンズとしては世界最高※1の屈折率を誇る、新開発の「UAレンズ」を世界で初めて採用したことにより、レンズユニットの小型化と、ボディサイズのスリム化・軽量化を実現しています。このほか、マクロ撮影機能の強化、起動時間の短縮、バッテリーの容量アップ、豊富なシステムアクセサリーの設定など、撮影機能の大幅な向上を達成しています。
デザイン面では「S50」までの基本コンセプトを継承しつつ、イメージの刷新を図りました。落ち着いたローコントラストのツートーンシルバーをボディカラーに採用し、細部の質感を高めることで、上品で知的な雰囲気を演出しました。また、各種操作ボタンの形状や配置を見直すことで、高い操作性を実現しました。

"CP-330" は、簡単な操作で銀塩写真と同等の高画質・高耐候性(アルバム保存時約100年※2)プリントが得られる、モバイルタイプの昇華型コンパクトフォトプリンターです。従来機種「CP-300」(2003年6月発売)に対し、カメラ付き携帯電話で撮影した写真を赤外線通信によりワイヤレスでプリントできる「プリントビーム」機能を追加しました。また従来のLサイズ・カードサイズ・ポストカードサイズに加え、より大判のプリントが楽しめるワイドサイズ(100×200mm)にも新たに対応しています。 ダイレクトプリントの標準規格「PictBridge」に対応しているので、同規格に対応したデジタルカメラやデジタルビデオカメラであればメーカーを問わず、ダイレクトプリントが楽しめます。自動レベル補正機能やDPOFによる一括自動プリント機能など、サポート機能も拡充させています。

"IXY DIGITAL 500 White Limited" は、今年3月の発売以来好調な販売を続けている「IXY DIGITAL 500」のカラーバリエーションモデルとして、日本市場のみ1万台限定で発売されます。フロントカバーに新開発の超光沢塗装を施し、透明感のある白色と磁器のように滑らかな質感を実現しました。

※1 2004年5月31日現在。キヤノン調べ。
※2 銀塩写真の暗所保存性を予測する方法に準じて算出した予測値。

【デジタルカメラ市場動向】

2003年のデジタルカメラの総出荷台数(全世界)は、対前年比76.8%増の約4,341万台、うち国内出荷は約844万台、輸出は約3,497万台でした。2004年においては、対前年比40.3%増の約6,090万台(国内出荷は約942万台、輸出は約5,148万台)になることが予想されています。(カメラ映像機器工業会調べ)

【開発の背景】

PowerShot S60
PowerShot Sシリーズは、2001年秋に発売された「S30」「S40」以来、上位機種なみの豊富な撮影機能を有しつつ、コンパクトなボディによる優れた携帯性も兼ね備えた製品として、中〜上級ユーザーを中心に国内外で高い評価を獲得しています。しかしながらIXY DIGITALシリーズなど、他のラインアップでも高画素化・高機能化が進む中、より進化したSシリーズを求める声が高まっていました。
こうした状況で開発された "PowerShot S60" は、新世代のSシリーズにふさわしく、機能とデザインの両面で大きな進化を遂げています。28〜100mm相当(35mmフィルム換算)の広角ズームレンズの採用を筆頭に、撮影機能を大幅に向上しつつ、新開発の超高屈折ガラスモールド非球面レンズ「UAレンズ」に代表される数々の先進技術によって、スリム化・軽量化をも達成しました。さらに、ボディの素材や色をはじめ、細部の形状までを徹底的に見直すことで、デザインの刷新も図りました。


CP-330
キヤノンは2001年に発売した「CP-10」以来、パソコンを使わずに直接デジタルカメラとプリンターを接続することで、撮ってすぐに簡単操作で高画質の写真プリントが得られる、デジタルフォトの新しい楽しみ方「カメラダイレクト」を提案してきました。今回の "CP-330" では、従来機種「CP-300」の高機能を継承しつつ、さらに幅広いプリントニーズに対応した新機能を追加しています。カメラ付き携帯電話からのプリント要望に応えるため、赤外線通信によるワイヤレスプリント機能「プリントビーム」を新たに搭載しました。また、対応プリントサイズとして「ワイドサイズ」(100×200mm)を追加し、計4種類という多様なサイズ対応も実現しています。


IXY DIGITAL 500 White Limited
「超コンパクト・スタイリッシュデザイン」を基本コンセプトとするIXY DIGITALシリーズは、他のラインアップ以上に、購買動機におけるデザインの重視度が高くなっています。国内市場1万台限定モデルとなる "IXY DIGITAL 500 White Limited" では、新開発の超光沢塗装技術により、透明感のある白色と磁器のように滑らかな質感を実現し、通常モデルとは一味違った美しさを表現しました。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ