ニュースリリース

2005年8月23日

約1280万画素・35mmフルサイズCMOSセンサー搭載のハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ
プロ機に迫る高機能・高性能を実現した "キヤノン EOS 5D"



キヤノンは、有効画素数約1280万画素・35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ "キヤノン EOS 5D" と、EOSシリーズ用外部ストロボ "スピードライト 430EX" を10月上旬にそれぞれ発売します。

製品写真:EOS 5D(EF24-105mm F4L IS USM装着時)
EOS 5D
(EF24-105mm F4L IS USM装着時)
製品写真:EOS 5D(背面)
EOS 5D(背面)
 

製品写真:スピードライト 430EX
スピードライト 430EX

キヤノン EOS 5D‥‥オープン価格 (発売日:2005年10月上旬)
キヤノン スピードライト 430EX‥‥価格(税別) 3万3,000円 (発売日:2005年10月上旬)

● キヤノン EOS DIGITALホームページへ
● キヤノン EOS 5D の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90002
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556にお問い合わせください。



新製品 "EOS 5D" は、約1280万画素・35mmフルサイズ(35.8×23.9mm)の自社製CMOSセンサーを搭載し、卓越した解像感と豊かな階調性、幅広いISO感度を実現した、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラです。全てのEFレンズ※1がそのままの画角で使用できるため、35mmフィルム一眼レフカメラと同じ感覚で撮影できます。また、高性能映像エンジン「DIGIC II」の採用により、高精細・高画質・自然な色再現を実現するとともに、最高約3コマ/秒、約60枚※2の連続撮影や約0.2秒の高速起動、CFカードへの高速書き込み、USB 2.0 Hi-Speed対応など、高画素数と高レスポンスの両立を図りました。新開発の9点+アシスト6点AFと相まって、ハイアマチュアのニーズを満たす快適な撮影が可能です。

さらに "EOS 5D" では、ユーザーの作画意図に応じて、多彩な写真表現を簡単に実現する新機能「ピクチャースタイル」を搭載しました。この機能により、フィルムを選ぶような感覚で、「スタンダード」「ポートレート」「風景」「ニュートラル」「忠実設定」「モノクロ」の6種類から、写真表現・目的に合わせて最適なスタイルを選択することができます。なお、「ピクチャースタイル」が搭載されているEOS DIGITALにおいては、カメラの機種に依存しない共通の画像特性が得られます。

また、上下・左右各170度という広視野角を実現した2.5型・約23万画素液晶モニターをはじめ、、交換式のフォーカシングスクリーン、撮影者の意志に従うカスタマイズ機能(21種57項目)など、優れた機能と性能を数多く搭載しています。このほか、10万回の耐久性を誇る最高1/8000秒の高速シャッターや、軽量・高強度なマグネシウム合金を採用したボディ外装など、ハイアマチュアにふさわしい高級感を備えつつ、プロ機に迫る高い信頼性を確保しています。

新製品 "スピードライト 430EX" は、「420EX」(2000年10月発売)の後継機種として開発したもので、EOS DIGITALとの使用に最適な「画面サイズ対応自動ズーム制御」機能や「色温度情報通信」機能を搭載しています。また、最大ガイドナンバー43の実現やリサイクルタイムの大幅な短縮、 "EOS 5D" を含むEOSシリーズのAFシステムへの幅広い対応、上位機種と同等の高機能を活かす表示パネルの採用など、基本性能や操作性のさらなる向上を図りました。

※1 EF-Sレンズを除く。
※2 JPEG・ラージ/ファイン。キヤノン純正CFカード「FC-512MSH」使用時。

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】

昨年のデジタル一眼レフカメラ市場(全世界)は、業界初の本格的な普及モデル「EOS Kiss Digital」や、ハイアマチュア向けの「EOS 20D」がユーザーからの高い評価を得たことに加え、各社からもデジタル一眼レフカメラ新製品の市場投入が相次ぎ、対前年比3倍弱の約248万台でした。2005年は対前年比約4割増の約350万台と、引き続き同市場の拡大が期待されています。(キヤノン調べ)

【開発背景】

キヤノンは、2002年に有効画素数約1110万画素・35mmフルサイズの自社製CMOSセンサーを搭載した最高級デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds」を発売し、広角レンズの撮影領域を最大限に活用したいプロユーザーを中心に高い支持を得てきました。その後継機種として昨年発売した「EOS-1Ds Mark II」では、フルサイズ1670万画素による超高画質を活かし、ポートレート撮影や商品撮影、さらには風景写真といった分野で威力を発揮しています。しかしながらその一方では、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラを求める声がより一層高まっていました。新製品 "EOS 5D" は、こうした要望に応えるために開発されたもので、有効画素数約1280万画素・35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載するとともに、プロ機に迫る高機能・高性能を実現しています。約820万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)搭載・約5コマ/秒の連写が可能な「EOS 20D」と合わせ、ハイアマチュア層のニーズに幅広く対応していきます。
このページのトップへ
戻る
このページのトップへ