ニュースリリース

2005年8月4日

簡単に高品位な資料を作成できるオフィス内印刷支援ソフトを発売
“キヤノン imageWARE Publishing Manager V2”



キヤノンは、各種ビジネス用アプリケーションソフトで作成したファイルをひとつのウインドウ上で簡単かつ高品位に編集・製本するためのオフィス内印刷支援ソフトウエアの新製品として、大幅な操作性の向上を実現した「キヤノン imageWARE(イメージウエア) Publishing Manager V2」を8月下旬から発売します。

キヤノン imageWARE Publishing Manager V2
1ライセンス版
‥‥価格(税別) 4万9,800円 (発売日:2005年8月下旬)
キヤノン imageWARE Publishing Manager V2
5ライセンス版
‥‥価格(税別) 19万9,000円 (発売日:2005年8月下旬)
キヤノン imageWARE Publishing Manager V2
10ライセンス版
‥‥価格(税別) 34万8,000円 (発売日:2005年8月下旬)
1,000ユーザーまでのマルチライセンス版も用意しています。

● imageWAREホームページへ
● キヤノン imageWARE Publishing Manager V2 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90091
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9156にお問い合わせください。



新製品は、キヤノンのオフィス用複合機やレーザープリンターなどと連携して、高品位なパンフレットや提案書などを効率良く、低コストで作成するためのオフィス内印刷支援ソフトウエアとして好評を博した「imageWARE Publishing Manager 2002」(2002年4月発売)の後継製品です。

従来製品の優れた基本性能を継承しつつ、今回新たに対話形式で質問に答えていくだけで各種設定作業が簡単に行えるウィザード機能を追加しました。これにより、レイアウトや帳合処理が簡単に行えるため、ソフトウエアに不慣れなユーザーでも高品位な資料を手軽に作成することが可能です。
また、多くのビジネス用アプリケーションソフトに対応している、ファイルの取り込み機能を利用することにより、複数のアプリケーションソフトで作成した文書を、ひとつの専用ファイルにまとめて編集・印刷できるため、印刷・製本業務の効率化が図れます。さらに、パソコンの画面で製本時の完成イメージを確認しながら、ページの入れ替えや削除が行えるプレビュー機能を備えているため、中綴じ製本に必要な面つけ処理の手間が省けるほか、出力ミスが回避できます。
このほか、宛先や氏名などの情報を差し替えながら連続印刷が行えるバリアブルプリントにも対応しており、顧客ごとにカスタマイズしたカタログや提案書の作成に力を発揮します。

【市場動向と開発の背景】

オフィス用複合機の高画質化・カラー化や、フィニッシャーなど帳合オプションの高機能化に伴い、提案書やパンフレット、カタログなどをオフィスで内製したい、といった多品種少量印刷へのニーズがますます高まりつつあります。しかしながら、これらを高品位な資料に仕上げるには、ソフトウエアに関する専門知識が必要であったり、印刷・帳合の作業に手間やコストがかかることから、低コストで簡単に、しかも質の高い印刷物を作成するためのシステムが市場から強く要望されています。
新製品 imageWARE Publishing Manager V2" は、こうしたニーズを受けて開発されたもので、キヤノン製の複合機やフィニッシャーと組み合わせて、付加価値の高いビジネス資料を簡単に仕上げるための、オフィス内印刷支援ソフトウエアです。2002年4月に発売された「imageWARE Publishing Manager 2002」の優れた基本性能を継承しつつ、対話形式でさまざまなレイアウトや帳合設定が行えるウィザード機能を新たに搭載するなど、操作の簡便性と分かりやすさを追求しています。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ