ニュースリリース

2006年2月22日

ハイアマチュア用デジタル一眼レフカメラとして基本性能の充実とさらなる進化を実現
ユーザーからの要望にきめ細かく対応した“キヤノン EOS 30D”



キヤノンは、基本性能の充実とさらなる進化を図り、これまで寄せられたユーザーからの要望にきめ細かく対応したハイアマチュア用デジタル一眼レフカメラ“キヤノン EOS 30D”を3月中旬に発売します。

EOS 30D
EOS 30D
(EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM装着時)
EOS 30D(背面)
EOS 30D(背面)
 

キヤノン EOS 30D ボディ‥‥オープン価格 (発売日:2006年3月中旬)
キヤノン EOS 30D EF-S17-85 IS U レンズキット‥‥オープン価格 (発売日:2006年3月中旬)
キヤノン EOS 30D EF-S18-55 II Uレンズキット‥‥オープン価格 (発売日:2006年3月中旬)

● キヤノン EOS DIGITALホームページへ
● キヤノン EOS 30D の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90002
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556にお問い合わせください。

キヤノン販売株式会社は、2006年4月1日、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(略称キヤノンMJ)へ社名を変更する予定です。



新製品“EOS 30D”は、2004年9月に発売した「EOS 20D」の後継機種で、ハイアマチュアはもとより、入門クラスからのステップアップを含む幅広いユーザーを対象としたデジタル一眼レフカメラです。高ISO感度でも低ノイズを実現する約820万画素の自社製CMOSセンサー(APS-Cサイズ)や高性能映像エンジン「DIGIC II」、中央F2.8対応の高精度9点測距AFなどを継承しながらより一層の進化を遂げました。最高約5コマ/秒の連写性能で、連続撮影可能枚数を向上(約23枚から約30枚)させたほか、ユーザーの作画意図に応じて、多彩な写真表現を簡単に実現する「ピクチャースタイル」を搭載し、フィルムを選ぶような感覚で、写真表現・目的に合わせて最適なスタイルを選択できます。また、省電力設計により、約750枚の撮影可能枚数(CIPA試験基準)を実現しました。

さらに、同時発表したプロおよびハイアマチュア向けインクジェットプリンターの新製品“PIXUS Pro9500/Pro9000”や、A2サイズの大判まで対応した“imagePROGRAF iPF5000”との連携印刷の強化を図りました。付属のRAW画像閲覧/編集ソフトウエア「Digital Photo Professional 2.1」と、「Easy-PhotoPrint Pro」(Pro9500/Pro9000に付属)または「imagePROGRAF Print Plug-In for Digital Photo Professional」(iPF5000に付属)とのシームレスな連携で、より簡単にRAW画像の忠実な印刷を行うことができます。

このほか、ダイレクトプリント機能の充実をはじめ、高精細・広視野角の2.5型・約23万画素液晶モニター、約10万回の耐久性を誇る最高1/8000秒の高速シャッターなど、上位機種にも迫る高機能・高性能を実現しています。

 JPEG(ラージ/ファイン)画像、当社試験基準512MB CFカード使用、高速連続撮影時。

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】

昨年のデジタル一眼レフカメラ市場(全世界)は、第二世代の普及型デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital N」や、約1280万画素・35mmフルサイズCMOSセンサー搭載の「EOS 5D」がユーザーからの高い評価を得たことに加え、他社からもデジタル一眼レフカメラ新製品の市場投入が相次ぎ、対前年比約53%増の約380万台でした。2006年は対前年比約13%増の約430万台と、引き続き同市場の拡大が期待されています。(キヤノン調べ)

【開発背景】

キヤノンは、プロ用の機材として、約8.5コマ/秒の世界最速連写などによる最高レベルの機動性を活かした、スポーツ・報道分野に最適な「EOS-1D Mark II N」(2005年9月発売)、および有効画素数約1670万画素・35mmフルサイズCMOSセンサーによる最高レベルの画質を活かし、特にポートレート撮影や商品撮影、さらには風景写真といった分野に威力を発揮する「EOS-1Ds Mark II」(2004年11月発売)の2機種を用意しています。一方、初心者ユーザーを主な対象として、昨年3月に発売された「EOS Kiss Digital N」は、クラスを超えた高機能とコストパフォーマンスを両立したカメラとして全世界で大ヒットを記録し、市場の急速な拡大に貢献しています。
新製品“EOS 30D”は、基本性能の充実とさらなる進化を図るとともに、「EOS 20D」に寄せられたユーザーの要望にきめ細かく対応したデジタル一眼レフカメラです。今回、特にプロやハイアマチュアユーザーを対象に、キヤノンのデジタルフォトにおける最大の特長であり魅力である「高画質」をキーワードに、撮影から出力にいたるまで、単なるハードとしてのカメラとプリンターの連携に留まらず、アプリケーションソフトも含めた、より高次元での連携・融合を実現しました。有効画素数約1280万画素・35mmフルサイズCMOSセンサー搭載の「EOS 5D」(2005年9月発売)と合わせ、ハイアマチュア層のニーズに幅広く対応していきます。


 デジタル一眼レフカメラとして。2006年2月15日現在。
このページのトップへ
戻る
このページのトップへ