ニュースリリース

2006年3月7日

キヤノンがコンパクトデジタルカメラのラインアップを強化
光学手ブレ補正機能と高感度撮影機能を搭載した“IXY DIGITAL 800 IS”など7機種を発売



キヤノンは、デジタルカメラの新製品7機種を3月16日より順次発売し、ラインアップの強化を図ります。

IXY DIGITAL 800 IS
IXY DIGITAL 800 IS
IXY DIGITAL 80
IXY DIGITAL 80

IXY DIGITAL 70
IXY DIGITAL 70
PowerShot A700
PowerShot A700

PowerShot A540/A530
PowerShot A540/A530
PowerShot A430
PowerShot A430

キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 800 IS‥‥ オープン価格 (発売日:2006年4月中旬)
キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 80‥‥ オープン価格 (発売日:2006年4月中旬)
キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 70‥‥ オープン価格 (発売日:2006年3月16日)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A700‥‥ オープン価格 (発売日:2006年4月中旬)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A540‥‥ オープン価格 (発売日:2006年3月16日)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A530‥‥ オープン価格 (発売日:2006年3月16日)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A430‥‥ オープン価格 (発売日:2006年3月16日)

● コンパクトデジタルカメラホームページへ
● キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 800 IS の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 80 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 70 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A700 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A540 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A530 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A430 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90002
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556 にお問い合わせください。

キヤノン販売株式会社は、2006年4月1日、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(略称キヤノンMJ)へ社名を変更する予定です。



いずれの機種にも高性能映像エンジン「DIGIC II」を搭載したほか、手ブレや被写体ブレに強いISO 800相当の高感度撮影が可能になりました。また、記録画素数には縦横比16:9の画像の撮影/再生が可能な「ワイド」を追加しました。コンパクトフォトプリンター SELPHY CPシリーズと接続すれば、ワイドサイズ用紙での迫力ある全面フチなし印刷が楽しめます。さらに、印刷専用メニュー画面の新設や、カメラ内で簡単に色変換/強調が行える「マイカラー」の拡充など、機能面でのさらなる向上を実現しました。

“IXY DIGITAL 800 IS”は、IXY DIGITALシリーズ初のレンズシフト式手ブレ補正機構(IS)を採用した光学4倍ズームレンズのモデルです。ISユニットの小型化とIS制御部のワンチップ化により、光学ズームの高倍率化を図りながらも、スタイリッシュでコンパクトなボディに手ブレ補正ユニットを収めました。ISO 800相当まで自動的に感度アップを行う「高感度オート」とあわせ、手ブレや被写体ブレが発生しやすい撮影シーンで威力を発揮します。また、6.0メガピクセルCCDや高精細・広視野角の2.5型液晶モニター、斬新な3つのカラーを配した「Curvature & Stream Design」など、カメラとしての魅力をより一層高めました。

“IXY DIGITAL 80”は、キヤノンのデジタルカメラ初となる高精細・広視野角の大画面3.0型液晶モニターを搭載したモデルです。大画面ならではの機能として、撮影直後のレックレビュー時に、撮影画像の全体と、ピントが合った部分の画像の2つを並べて表示する「フォーカスチェッカー」を搭載しました。また、本体背面の操作部にはタッチホイールを採用し、各種項目の設定やスクロール再生などの素早い操作が可能です。基本機能としては、6.0メガピクセルCCDと光学3倍ズームレンズを搭載しています。

“IXY DIGITAL 70”は、シリーズの中核として大好評を博した「60」(2005年9月発売)の後継機種です。手ブレや被写体ブレに強い「高感度オート」に加え、CCDを5.0メガから6.0メガピクセルへと高画素化しました。また、画素数アップによりさらにクリアな画面を実現した、広視野角の2.5型液晶モニターを採用したほか、定評ある超小型の光学3倍ズームレンズや、撮影後の画像に対して色変換/強調ができる「レタッチマイカラー」など、“80”と同等の優れた機能を搭載しています。

“PowerShot A700”は、Aシリーズに新たに追加された多機能モデルです。シリーズ最高の光学6倍ズームレンズを搭載し、手軽に高倍率撮影を行うことができます。6.0メガピクセルCCDと2.5型液晶モニターを採用したほか、「高感度オート」にも対応しました。安定したホールド感のあるグリップスタイルで、本格的なマニュアル設定を含む合計20通りの撮影モードが楽しめます。

“PowerShot A540/A530”は、「DIGIC II」の搭載とCCDの高画素化(A540は6.0メガ、A530は5.0メガ)により、従来機種「A520/A510」(2005年3月発売)以上の高画質を実現した新スタンダードモデルです。ユーザーから高い評価を得ている光学4倍ズームレンズを踏襲しつつ、“A540”には2.5型、“A530”には1.8型の液晶モニターを採用しました。オートからマニュアル設定までを含む、21通り(A530は18通り)の撮影モードにより、簡単かつ多彩な撮影を楽しむことができます。

“PowerShot A430”は、「DIGIC II」と4.0メガピクセルCCDに加え、光学4倍ズームレンズを搭載することで、高画質と高機能を実現したハイコストパフォーマンスのエントリーモデルです。被写体に最短1cmまで近づける「スーパーマクロ撮影」を搭載したほか、撮影場面に応じた8種類のスペシャルシーンモードや、1.8型液晶モニターと視認性の高いユーザーインターフェースにより、初心者ユーザーでも手軽にデジタルフォトを楽しむことができます。

 A430はISO 400相当まで。

【デジタルカメラ市場動向】

2005年のデジタルカメラの総出荷台数(全世界)は、対前年比8.4%増の約6,477万台、うち国内出荷は約844万台、輸出は約5,632万台でした。2006年においては、対前年比4.0%増の約6,734万台(国内出荷は約828万台、輸出は約5,906万台)になることが予想されています。(カメラ映像機器工業会調べ)
このページのトップへ
戻る
このページのトップへ