ニュースリリース

2006年9月12日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノン製小型複写機「PC7/PC80/PC100」の安全対策の実施について

キヤノンは、1987年から1997年にかけて製造・販売したカートリッジ型の小型複写機「PC7」、「PC80」および「PC100」の3機種について、安全確保のための市場対策を実施することに致しました。

対象機種の一部において、製造時または修理時における定着器ヒーターの配線接続時の作業不良により、極めて稀ではございますが、発煙、発火に至る可能性のあることが判明しました。
キヤノンは、お客様の安全・安心を期すために、対象製品の点検と一部の部品交換を無償で行います。

1.対象製品および台数

対象機種 製造期間 国内累積出荷台数
PC7 1987年〜1991年 32,842台
PC80 1992年〜1997年 46,748台
PC100 1991年〜1997年 61,628台

2.判明した問題点

製造時または修理時に配線コネクターが正しく接続されていない状態で長期間にわたって使用した場合、極めて稀ではありますがコネクター部分で接触不良を起こして、状況によっては、発煙・発火に至る可能性があると判明しました。

3.お客様への対応方法

1) 対象機種の配線接続状況の点検に加え、今後の修理時の配線接続をより確実なものにするために、部品の一部交換を無償で実施させていただきます。
2) 明日新聞紙面で、社告を行います。
3) 弊社ホームページ「重要なお知らせ」でもお知らせ致します。
4) 連絡先の判明しているお客様に対してダイレクトコールでお知らせ致します。
5) 本日から、専用フリーダイヤルにてお問い合わせをお受け致します。

0120-570-007(専用フリーダイヤル)

弊社は、今後、より一層の品質向上に向けた継続的な改善に努めてまいります。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ