ニュースリリース

2007年3月28日

インクジェットプリンター「PIXUS」の新製品2機種を発売
エントリーモデルながらスタイリッシュで高画質プリントを実現した“PIXUS iP2500”
小型・軽量でシーンを選ばないA4対応ノート型プリンター“PIXUS iP90v”



キヤノンは、インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品2機種を、4月上旬から発売します。

PIXUS iP2500
PIXUS iP2500
PIXUS iP90v
PIXUS iP90v

キヤノン PIXUS iP2500‥‥オープン価格(発売日:2007年4月上旬)
キヤノン PIXUS iP90v‥‥オープン価格(発売日:2007年4月上旬)

● ピクサスホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
050-555-90011
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9330 にお問い合わせください。



新製品はいずれも、「PIXUS」が誇る高密度プリントヘッド技術「FINE(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)」による高速・高画質プリントや、長期間にわたり写真の美しさを保つ「ChromaLife(クロマライフ)100」などを継承しつつ、コンパクトでスタイリッシュなデザインに仕上げたモデルです。最高4,800※1×1,200dpiの高解像度と最小2pl(ピコリットル)の極小インク滴による高画質な出力をコンパクトな筐体で実現しています。

新製品“PIXUS iP2500”は、「SUPER PHOTO BOX(スーパーフォトボックス)」の愛称で親しまれているスタイリッシュなボックスデザインに、奥行き感のあるブラックの鏡面処理を施し、エントリーモデルながら高級感溢れるデザインに仕上げました。また、最小2plの極小インク滴を吐出するノズルを1,472本有する高密度プリントヘッド「FINE」の搭載により、L判のフチなし写真を約46秒※2でプリントするなど、高速・高画質な出力を実現しています。

新製品“PIXUS iP90v”は、斬新なデザインと高いパフォーマンスを両立させた小型・軽量のノート型プリンターです。今回、コンパクト設計はそのままに、シャープな形状にシルバーとブラックを配したカラーリングを採用し、シンプルでクールな雰囲気を目指しました。また、標準モードとほぼ同じ印刷品位を保ちながらブラックインクの使用量を通常の2/3程度に抑えることができる「ブラックインク節約モード」をプリンタードライバーに搭載し、経済的なプリントを可能としています。このほか、ダイレクトプリントの標準規格「PictBridge(ピクトブリッジ)」に対応したカメラダイレクトや、カメラ付き携帯電話からのワイヤレス出力機能「プリントビーム」、Bluetooth(ブルートゥース)※3によるワイヤレスプリントなど、充実したインターフェースを継承しています。さらに、オプションでバッテリー駆動にも対応し、使用シーンを広げます。

また、新たに開発した「アルバム」「名刺」「カレンダー」「シール」などを簡単に作成するためのレイアウトソフトウエア“Easy-LayoutPrint”が利用できます※4。デジタルカメラで撮影した写真や、あらかじめ登録されている背景やフレーム、クリップアートなどの豊富なコンテンツを利用して、簡単にオリジナリティ溢れる作品が作成できます。

※1最小1/4,800インチのドット(インク滴)間隔で印刷します。
※2スーパーフォトペーパー使用時。弊社採用パターンにて測定。プリントスピードはシステム環境、使用するインターフェース、ソフトウエア、原稿の内容、プリンタードライバーの設定、用紙の種類等により異なります。また、コンピューターのデータ処理時間は含みません。
※3オプションの「Bluetoothユニット BU-10」が必要となります。
※4“iP2500”ではWindows版を同梱しています。また、“iP2500”用Macintosh版及び“iP90v”用(Windows版及びMacintosh版)はキヤノンのホームページよりダウンロードして利用できます。

【インクジェットプリンターの市場動向】

インクジェットプリンターおよびインクジェット複合機の市場において、2006年の国内出荷台数は約639万台、世界では約8,550万台でした。2007年は、デジタルカメラ市場における一眼レフカメラのより一層の普及や、カメラ付き携帯電話のカメラ機能の高性能化などにより、プリンターの使用形態の変化やユーザー層のさらなる広がりが予想され、複合機やコンパクトフォトプリンターを含めたインクジェットプリンター市場全体の活性化が見込まれています。

出典:IDC「Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker 2006.Q4」

【開発の背景】

この数年、インクジェットプリンターの基本性能である画質とスピードは飛躍的に向上しています。その中でキヤノンは、高速・高画質の両立や小型化、高性能化を追求し続け、製品全体のさらなるレベルアップを目指すとともに、高画質複合機からノート型にいたるまで、ユーザーの様々な用途に応える幅広いラインアップを展開してきました。
今回キヤノンは、インテリアに調和する洗練されたデザインへのこだわりや、小型・軽量で使用場所を選ばない機能性を備えた新製品を提供することで、ユーザーにとってさらに満足度の高い環境づくりに貢献し、これからのデジタルフォトライフをリードしていきたいと考えています。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ