ニュースリリース

2008年1月24日

12.2メガピクセルCMOSセンサーを搭載した普及型デジタル一眼レフカメラ
さらなる高画質を追求し進化を遂げた“キヤノン EOS Kiss X2”



キヤノンは、さらなる高画質の実現と上位機種並みの機能を備えた普及型デジタル一眼レフカメラの新製品“キヤノン EOS Kiss X2”を3月下旬に発売します。

EOS Kiss X2
EOS Kiss X2
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS装着時
EOS Kiss X2(背面)
EOS Kiss X2(背面)
 

キヤノン EOS Kiss X2 ボディ‥‥ オープン価格 (発売日:2008年3月下旬)
キヤノン EOS Kiss X2 レンズキット‥‥オープン価格 (発売日:2008年3月下旬)
キヤノン EOS Kiss X2 ダブルズームキット‥‥オープン価格 (発売日:2008年3月下旬)

● キヤノン EOS DIGITALホームページへ
● キヤノン EOS Kiss X2 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90002
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556 にお問い合わせください。



新製品“EOS Kiss X2”は、最先端の技術を搭載しながら、優れたコストパフォーマンスを実現することにより、デジタル一眼レフカメラの市場で幅広い支持を獲得してきたEOS Kiss Digitalシリーズの最新モデルです。
新開発の約1220万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジン「DIGIC III」により、卓越した解像感と豊かな階調性を両立させながら、ISO100〜1600の幅広い感度において優れた描写性能を実現しています。また、従来機種を上回る最高約3.5コマ/秒・約53枚の連続撮影や、中央F2.8対応の進化した高速・高精度9点測距AFにより、優れた機動力を発揮します。

今回、リアルタイムの映像を液晶モニターで確認しながら撮影できるライブビュー撮影機能を搭載しました。視認性の向上した3.0型大型液晶モニターを搭載することにより、ライブビュー撮影が快適に行えるなど、使い勝手の面でさらなる向上が図られています。
記録媒体にはSDメモリーカードを採用しているため、コンパクトデジタルカメラからのステップアップユーザーも、手持ちのメモリーカードをそのまま使用することができます。また、曲面を連続的に変化させて構成する「カーバチャーデザイン」を採用したボディは、親しみやすさと高い品位を兼ね備えながら、従来機種に比べて35gの軽量化(本体質量約475g)が図られています。

なお、“EOS Kiss X2”では、キット販売用のレンズとして用意した手ブレ補正機構搭載の「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」や「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」を含む60種類以上のEFレンズすべてが使用できます。

キヤノン試験基準2GB SDメモリーカード使用。JPEG・ラージ/ファイン。

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】

昨年のデジタル一眼レフカメラ市場(全世界)は、発売以来、同市場を牽引している「EOS Kiss Digital X」を筆頭に、昨年発売し幅広い層に支持された「EOS 40D」、プロ向けの「EOS-1Ds Mark III/EOS-1D Mark III」などラインアップ全体がユーザーからの高い評価を得たことに加え、各社から新製品の投入が相次ぎ、対前年比約43%増の約750万台だったと推定されています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

キヤノンのEOS Kissシリーズは、1993年に「EOS Kiss」を発売して以来、長年にわたり普及型フィルム一眼レフカメラにおけるベストセラーを続けてきました。2003年9月には、デジタル版を求めるユーザーからの強い要望に応え、業界に先駆けて普及型デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital」を発売しました。その後発売した「EOS Kiss Digital N」(2005年3月発売)、「EOS Kiss Digital X」(2006年9月発売)と合わせて、EOS Kiss Digitalシリーズで約740万台の累計出荷台数を達成するなど、デジタル一眼レフカメラ市場の拡大を牽引してきました。フィルム、デジタルを含めたEOSシリーズ全体は、誕生から20周年を迎えた昨年(2007年12月)、累計生産台数3,000万台を達成しましたが、そのうちEOS Kissシリーズは半数を越える約1,680万台を占め、シリーズ全体の普及に大きく貢献してきました。
今回の新製品“EOS Kiss X2”は、普及クラスのデジタル一眼レフカメラでありながら、新開発の約1220万画素CMOSセンサーやライブビュー撮影機能など、最新の技術や機能を惜しみなく投入したモデルです。年齢や性別を問わず誰もが、いつでも、どこでも気軽に高画質が得られるよう、本格的な撮影からプリントまでを簡単な操作で楽しめる環境を提供しています。

キヤノンでは、デジタル一眼レフカメラのラインアップとして、プロ向けの「EOS-1Ds Mark III」(2007年11月発売)と「EOS-1D Mark III」(2007年5月発売)、ハイアマチュア向けの「EOS 5D」(2005年9月発売)と「EOS 40D」(2007年8月発売)をそれぞれ用意しています。今後も幅広いユーザーからのニーズにきめ細かく対応することで、デジタルフォト文化の発展に貢献していきたいと考えています。

2007年12月31日現在。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ