ニュースリリース

2008年2月12日

業界最多、15種類の中国語コンテンツを収録した電子辞書を発売
北京語のほか上海/広東/台湾語も収録した“キヤノン wordtank V903”



キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:村瀬治男、以下キヤノンMJ)は、業界最多の15種類の中国語コンテンツを収録した電子辞書“キヤノン wordtank(ワードタンク)V903”を3月下旬より発売します。

2008年2月12日現在のIC型電子辞書において。

wordtank V903
wordtank V903
収録辞書
収録辞書

キヤノン wordtank V903‥‥ 価格(税別)5万5,000円(発売日:3月下旬)

● キヤノン ワードタンクホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90025
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9632 にお問い合わせください。



新製品“wordtank V903”は、中国語・英語・国語の大辞典や、業界で初めて北京語・上海語・広東語・台湾語の会話集を収録するなど、初級者から上級者まで使える中国語学習モデルです。
従来機種に比べ音声機能をさらに充実させており、中国語と英語の主なコンテンツでネイティブの発音を聞いたり、自分の発音を録音してネイティブの発音と聞き比べたり、会話集を聞き流して長文のリスニング学習を行うなど、業界最多の7つの音声学習機能を備えています。また、4.9型の大画面液晶の全面にタッチパネルを採用しており、付属のスタイラスで読めない漢字などを画面に書いて調べたり、ボタンを操作せずに他のコンテンツにジャンプして調べたりするなど、直感的に操作することが可能です。さらに、暗い場所でも見やすいようにバックライトを搭載し、外装にマグネシウム合金を採用して液晶部の強度を高めるなど、操作性と堅牢性を向上させています。


2008年2月12日現在のIC型電子辞書において。

【市場動向】

2007年の国内の電子辞書市場は、台数において約281万台(対前年比107%)、メーカー出荷金額では約463億円(対前年比120%)で、2008年もほぼ同規模になると予想されています。(キヤノンMJ調べ)
中国語モデルは、現在各種の外国語の中でも英語の次を占める需要があり、近年の対中ビジネスの拡大により中国語を学習するニーズが高まってきています。また、本年北京で開催されるオリンピックや2010年の上海万博など、今後ますます需要が増えることが予想されています。

【販売ターゲット】

今回の新製品の投入により、ワードタンクシリーズは18機種のラインアップとなります。新製品“wordtank V903”は、大学の第二外国語の履修科目として中国語を専攻する大学生や、ビジネスで中国語や英語が必要な社会人、中国語のプロなどをターゲットとしています。キヤノンMJは、ユーザーニーズにあったコンテンツと使いやすい機能を搭載したモデルをラインアップに加えることで、語学学習者にさらなる利便性を提供していきます。
このページのトップへ
戻る
このページのトップへ