ニュースリリース

2009年9月1日

約1800万画素CMOSセンサーの高画質と約8コマ/秒の高速連写を両立
プロ機に迫る高画質・高性能のデジタル一眼レフカメラ“キヤノン EOS 7D”


キヤノンは、プロ機に匹敵する機能や性能に加え、多様な使い方を実現したハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラ“キヤノン EOS 7D”を10月上旬に発売します。

EOS 7D(EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM装着時)
EOS 7D
(EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM装着時)
EOS 7D(背面)
EOS 7D(背面)
ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E5B
ワイヤレスファイルトランスミッター
WFT-E5B
  • キヤノン EOS 7D ボディ
    オープン価格 (発売日:2009年10月上旬)
  • キヤノン EOS 7D EF-S15-85 IS U レンズキット
    オープン価格 (発売日:2009年10月上旬)
  • キヤノン EOS 7D EF-S18-200 IS レンズキット
    オープン価格 (発売日:2009年10月上旬)
  • キヤノン ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E5B
    価格(税別)9万5,000円 (発売日:2009年11月上旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002
  • 海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556 にお問い合わせください。

新製品“EOS 7D”は、「妥協のないスペックの実現と視覚・聴覚・触覚に訴える本物の質感」をコンセプトに、画質や機能、多様な使い勝手にこだわるハイアマチュアをメインターゲットに開発した最先端のデジタル一眼レフカメラです。 新たに開発した約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジンを2個装備したデュアル DIGIC 4の採用により、高い解像感と豊かな階調性を備えながら、最高約8コマ/秒※1の高速連写と約94枚※2の連続撮影を実現しています。また、常用設定できるISO感度※3をISO100〜6400まで確保しノイズの少ない美しい画質を実現するとともに、拡張設定にISO12800を用意しており、暗い場所での撮影に威力を発揮します。
さらに、正確な構図やピント合わせが可能な視野率約100%・視野角29.4°・倍率約1.0倍の高性能な光学ファインダーや、中央に高精度のデュアルクロスセンサーを搭載した「オールクロス19点AF」、AF情報と色情報を利用して安定した露出を実現する「iFCL(intelligent Focus Color Luminas)測光」など、高度で充実した基本性能を装備しています。

動画撮影機能「EOSムービー」は、フルHD(1,920×1,080画素・30/25/24フレーム/秒)をはじめとする多彩な記録画質に対応するとともに、絞り値・シャッター速度・ISO感度を任意で設定できるマニュアル露出での撮影も可能にしています。また、約15万回の作動耐久を誇る新開発のシャッターや、水平方向と前後方向の傾きを検出する「デュアルアクシス電子水準器」、液晶とカバーガラスの間に特殊樹脂を充填し空気層をなくすことで見やすさを追求した、強化ガラス採用の3.0型クリアビュー液晶IIなど数多くの最新技術を搭載しています。デザインにおいては、面の曲率を連続的に変化させた、流れるような曲面を活用した「超流体デザイン」を採用することで、最先端の一眼レフカメラにふさわしい上質さを演出しています。

なお、“EOS 7D”に合わせて、撮影した画像を無線/有線LANを通してサーバーやパソコンへ転送できるほか、複数のカメラのシャッター動作をワイヤレスで連動させる「カメラ連動撮影機能」など多彩な新機能を搭載した“ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E5B”を発売します。

  • ※1CIPA基準による。
  • ※2キヤノン試験基準メモリーカード使用。JPEG・ラージ/ファイン。
  • ※3ISO感度は推奨露光指数。

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】

昨年のデジタル一眼レフカメラの出荷台数(全世界)は、年末に伸びが鈍化したものの、年間を通した市場は対前年比約24%増の約930万台に達しました。2009年は世界経済の停滞の長期化が懸念されるものの、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約4%増の約970万台と、堅調な成長の継続が見込まれています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

キヤノンはミドルクラスのデジタル一眼レフカメラとして、35mmフルサイズCMOSセンサーによる高画質が特長の「EOS 5D Mark II」(2008年11月発売)と、本格的に写真を始めようとするユーザーやハイアマチュアに最適なスタンダードモデル「EOS 50D」(2008年9月発売)の2ラインを投入し、市場の成長に貢献してきました。
今回発表する“EOS 7D”は、スポーツやスナップ、動物、乗物の撮影など動きのある被写体の撮影から静物や風景撮影にいたるまで幅広い用途に向けて開発した製品です。製品開発にあたっては、特別なプロジェクトを組織して、写真表現にこだわりや情熱を持つユーザーを調査・研究し、写真を撮る喜びとカメラを持つ喜びを同時に満足させる製品づくりを追求しました。独自開発のCMOSセンサーや高性能映像エンジンなどによって優れたスペックを実現するとともに、ボディデザインやホールド感、シャッター音なども重視した上質なカメラに仕上げています。
キヤノンでは、新製品“EOS 7D”を「EOS 5D Mark II」と同様に熱心な写真愛好家をターゲットとして市場投入し、ハイアマチュア向けのラインアップを3ラインに強化します。これによりエントリーからプロまでのラインアップにさらなる厚みを加え、拡張し深化し続ける一眼レフカメラのユーザーニーズに対応していきます。

戻る

このページのトップへ