ニュースリリース

2010年8月26日

EOSシリーズ初のバリアングル液晶モニターを搭載
本格的な写真撮影が楽しめるデジタル一眼レフカメラ“EOS 60D”


キヤノンは、EOSシリーズ初のバリアングル液晶モニターを搭載し、基本性能を大幅に向上させたデジタル一眼レフカメラ“EOS 60D”を9月中旬から発売します。

EOS 60D *EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS装着時
EOS 60D *EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS装着時
EOS 60D
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS装着時
  • EOS 60D
    オープン価格 (発売日:2010年9月中旬)
  • EOS 60D・EF-S18-55 IS レンズキット
    オープン価格 (発売日:2010年9月中旬)
  • EOS 60D・EF-S18-135 IS レンズキット
    オープン価格 (発売日:2010年9月中旬)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002

新製品“EOS 60D”は、「EOS 50D」(2008年9月発売)の基本性能を向上させ、写真表現の可能性を追求することで、カメラ初心者からハイアマチュアまで本格的な写真撮影を楽しめるデジタル一眼レフカメラです。EOSシリーズ初のバリアングル液晶モニターを搭載し、表現セレクト機能やアートフィルターなど映像表現の世界を広げる新機能を採用しています。

■ 本格的な写真撮影を可能にする充実した基本性能

約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジンDIGIC 4により、常用設定できるISO感度が100~6400まで拡大(ISO感度拡張時は12800)しました。また、「オールクロス9点AFセンサー」による高精度なAFや独自の測光センサーによる正確な露出制御など、本格的な写真撮影を可能にする充実した基本性能を備えています。

■ EOSシリーズ初のバリアングル・クリアビュー液晶モニター

EOSシリーズ初となるバリアングル・クリアビュー液晶モニターを搭載しました。ハイアングルやローアングルでも液晶モニターを見ながら撮影を楽しめます。さらに、大型のバリアングル液晶モニターを搭載しながら、従来機種からさらに小型化したコンパクトなボディーを実現しています。

■ 映像表現の世界を広げる新機能

「ふんわりやわらかく」「くっきり鮮やかに」といったイメージを選択するだけで写真の雰囲気を設定することができる表現セレクト機能を新たに搭載しています。また、撮影した画像に特殊効果を加えることができるアートフィルター機能をEOSシリーズとして初めて採用しました。

  • ISO感度は推奨露光指数。

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】

2009年のデジタル一眼レフカメラの出荷台数(全世界)は、対前年比約10%増の約1,020万台に達しました。2010年は世界経済の回復にともない、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約18%増の約1,200万台と、順調な拡大が見込まれています。(キヤノン調べ)

戻る

このページのトップへ