ニュースリリース

2011年7月12日

EOSシリーズ用の望遠ズームレンズを発売
“EF-S55-250mm F4-5.6 IS II”


キヤノンは、一眼レフカメラEOSシリーズ用交換レンズの新製品として、普及クラスの望遠ズームレンズ“EF-S55-250mm F4-5.6 IS II”を7月29日より発売します。

EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
  • EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
    価格(税別)4万5,000円 (発売日:2011年7月29日)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002

新製品“EF-S55-250mm F4-5.6 IS II”は、「EOS Kiss」シリーズなどのAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラに最適な光学系とメカ構造を採用した「EF-Sレンズ」です。
従来機種「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」(2007年10月発売)の性能を継承しながら、外観デザインをリニューアルしました。ズーム全域で高画質を達成するとともに、優れた手ブレ補正機構を搭載した、コストパフォーマンスの高いレンズです。

■ズーム全域で高画質を達成

UDレンズ1枚を採用することで、ズーミング時に発生する諸収差を良好に補正し、高解像・高コントラストな画質を実現しています。

■高性能の手ブレ補正機構を搭載

手ブレ補正機構の構造と特性に合わせた最適な制御を行うことで、シャッタースピード換算で約4段分の手ブレ補正効果を得ることができます。

  • 手ブレを防ぐ限界の目安である「1/(焦点距離×1.6)」秒に対して。

戻る

このページのトップへ