ニュースリリース

2012年6月28日

「EOS 7D」の機能向上ファームウエア※1を無償提供
連続撮影可能枚数など性能の向上と多彩な最新機能を追加


キヤノンは、デジタル一眼レフカメラの現行機種「EOS 7D」(2009年10月発売)の性能を大幅に向上させる“ファームウエアVersion 2.0.0”の無償ダウンロードサービスを、キヤノンホームページ上で2012年8月上旬より開始します※2

  • ※1ファームウエアとは、カメラ本体を制御するためのソフトウエアです。
  • ※2ダウンロードは、キヤノンホームページ内のサポートページ から行えます。
EOS 7D
EOS 7D
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
装着時
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002

「EOS 7D」の“ファームウエアVersion 2.0.0”は、連続撮影可能枚数の向上に加え、GPSレシーバー(別売)の使用を可能にします。さらに、ISOオート時の上限感度設定機能などの多彩な新機能の追加を実現します。これにより、連写性能をはじめとする「EOS 7D」の優れた機動力をさらに高めるとともに、より多様な撮影スタイルに応えることができます。

■ 連続撮影可能枚数の向上

連続撮影可能枚数が、RAW画質で現行の約15枚※3から約25枚※4、RAW+JPEG(ラージ/ファイン)画質で現行の約6枚※3から約17枚※4に向上します。これにより、「EOS 7D」の特長である最高約8コマ/秒の高速連写性能をさらに生かすことができ、特に動体撮影で威力を発揮します。

■ 「GPSレシーバー GP-E2」(別売)に対応

“ファームウエアVersion 2.0.0”にアップデートしたカメラ本体に、別売のEOSアクセサリー「GPSレシーバー GP-E2」(2012年4月発売)を接続することで、撮影地点の緯度・経度・標高の情報を画像に付加することができます。

■ 多彩な新機能の追加

ISOオート時の上限感度を設定する機能や、カメラ本体でRAW画像を現像する機能など、「EOS 5D Mark III」(2012年3月発売)などで採用している最新の機能を使用することができます。

  • ※3当社試験基準UDMA対応4GBカード使用、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード設定時。
  • ※4当社試験基準UDMA対応128GBカード使用、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード設定時。

戻る

このページのトップへ