ニュースリリース

2012年7月23日

ミラーレスカメラ「EOS M」用交換レンズとマウントアダプターを発売


キヤノンは、「EOS M」専用交換レンズとして、高画質かつ小型でスタイリッシュな「EF-M」レンズシリーズ2機種と、マウントアダプターの合計3機種を、9月中旬より発売します。

EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF-M22mm F2 STM
EF-M22mm F2 STM
マウントアダプター EF-EOS M
マウントアダプター EF-EOS M
  • EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
    価格(税別)3万5,000円 (発売日:2012年9月中旬)
  • EF-M22mm F2 STM
    価格(税別)3万円 (発売日:2012年9月中旬)
  • マウントアダプター EF-EOS M
    価格(税別)1万2,000円 (発売日:2012年9月中旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002

「EF-M」レンズシリーズは、キヤノン初のミラーレスカメラ「EOS M」(2012年9月中旬発売予定)専用に新規開発したレンズです。その第一弾として、標準ズームレンズ“EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM”、パンケーキレンズ“EF-M22mm F2 STM”を発売します。加えて、「EOS M」に60種類以上の豊富なEFレンズを装着することができる“マウントアダプター EF-EOS M”も発売します。

■ 高画質と小型化を両立した標準ズームレンズ“EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM”

ショートバックフォーカスを生かしながら、非球面レンズ3枚を効果的に配置したことにより、高画質と小型化を両立しています。さらに、動画に最適な軽量のフォーカスレンズやSTM(ステッピングモーター)によって駆動する新設計のフォーカス機構を採用したことで、静止画だけでなく動画撮影時においても非常に静かでスムーズなAFを実現します。

■ 小型・軽量パンケーキレンズ“EF-M22mm F2 STM”

沈胴構造の採用とSTMの搭載により、全長23.7mm・質量約105gの小型・軽量化を実現しています。また、非球面レンズを採用したことなどにより、至近端の周辺まで高解像・高コントラストな高画質を実現しています。

■ 互換性に優れたレンズシステムを実現する“マウントアダプター EF-EOS M”

「EOS M」を、「EF-M」レンズだけでなく、マクロ、広角、標準、望遠、超望遠など60種類以上の豊富なEFレンズと組み合わせての使用を可能にし、EOSシステムの拡張性をより高めます。

  • EF-Mレンズ、CN-Eレンズ(EFシネマレンズ)を除く。

戻る

このページのトップへ