ニュースリリース

2012年7月26日

無線LAN(Wi-Fi)対応のワイヤレスプリント機能を新たに搭載
コンパクトフォトプリンター“SELPHY CP900”を発売


キヤノンは、無線LAN(Wi-Fi)対応のワイヤレスプリント機能を新たに搭載した、コンパクトフォトプリンター“SELPHY CP900”を、9月上旬より発売します。

SELPHY CP900
SELPHY CP900
  • SELPHY CP900
    オープン価格 (発売日:2012年9月上旬)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90013

“SELPHY CP900”は、従来機種「SELPHY CP800」(2010年9月発売)の後継機種で、新たに無線LAN(Wi-Fi)に対応したことにより、利用者数が拡大しているスマートフォンからワイヤレスでプリントすることが可能になるなど、より幅広いシーンにおいて手軽に高画質な写真をプリントすることができます。

■ 無線LAN(Wi-Fi)対応により、ワイヤレスでプリントが可能

新たに無線LAN(Wi-Fi)に対応したことにより、スマートフォン※1、タブレット端末※1、パソコン※2や、「PictBridge(Wi-Fi)」※3に対応したカメラなどから、アクセスポイントを介してワイヤレスで写真をプリントすることができます。また、「PictBridge(Wi-Fi)」に対応し、内部にアクセスポイントを搭載したカメラや、アドホック接続※4が可能なスマートフォンやタブレット端末からは、無線ルーターを介さずに直接ワイヤレスでプリントすることが可能です。

■ さらなる小型・軽量化を実現したコンパクトボディ

プリントエンジンを新たに開発したことにより、従来機種に比べ約12%の本体の薄型化(高さ約60.5mm)を図り、質量も約14%の軽量化(約810g)を実現しています。これにより、さらに手軽に持ち運ぶことができ、バッテリー※5を使用して屋外などのさまざまな場所でプリントを楽しむことができます。

■ 自動写真補正機能の向上により、高画質なプリントを実現

画像を解析して最適な補正を行う自動写真補正機能の補正アルゴリズムを進化させています。これにより画像から曇天や青空、夕焼けを判別して、それぞれのシーンの明るさや鮮やかさを最適に補正し、より美しい写真をプリントすることができます。

  • ※1キヤノンより無償提供しているアプリ「Easy-PhotoPrint」をダウンロードする必要があります。Androidへのアプリケーション提供開始は、2012年12月以降を予定しています。
  • ※2パソコンの無線PC接続は、WindowsはWindows 7 SP1のみ、Macはv10.6.8~v10.7に対応する予定です。
  • ※3規格名:DPS over IP。有線LAN/無線LAN接続環境において、機器間の相互接続を実現する規格です。この規格に対応していれば、メーカーや機種に関わらずプリンターやカメラなどの間で直接データの送受信が可能です。
  • ※4機器同士が無線LANアクセスポイントなどを介さずに、直接データ通信を行う方式です。
  • ※5別売りのバッテリーパック「NB-CP2L」およびバッテリーチャージャー「CG-CP200」が必要です。

戻る

このページのトップへ