ニュースリリース

2012年8月30日

4Kの高品位な映像の撮影が可能な“EOS C500/EOS C500 PL”など
「CINEMA EOS SYSTEM」のカメラ3機種を発売


キヤノンは、4Kの高品位な映像の撮影が可能なデジタルシネマカメラ“EOS C500/EOS C500 PL” と、小型・軽量で単独での撮影に最適なオート機能を備えたHDビデオカメラ“EOS C100”を2012年10月下旬より順次発売し、「CINEMA EOS SYSTEM」のラインアップの拡充を図ります。

EOS C500 ※開発中の単焦点レンズ装着時
EOS C500
開発中の単焦点レンズ装着時
  • EOS C500
    オープン価格 (発売日:2012年10月下旬)
  • EOS C500 PL
    オープン価格 (発売日:2012年10月下旬)
  • EOS C100
    オープン価格 (発売日:2012年11月下旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90006

新製品の“EOS C500/EOS C500 PL”は、高品位な4K(4,096×2,160画素)映像のRAWデータ出力など、最先端の映像制作市場における高度な要求を満たす、キヤノンのデジタルシネマカメラにおける最上位モデルです。

■4Kの高画質な映像を高精細なRAWデータで出力可能

新製品は、映画業界の標準であるスーパー35mm相当サイズのCMOSセンサー(有効画素数約885万画素)を搭載し、高画素数でありながらも最高ISO20000の高感度を実現しています。また、Canon Logガンマを採用することにより、高精細で広ダイナミックレンジの4K映像を撮影し、その画質を劣化させることなくキヤノン独自の「Cinema RAW」(60p、10ビット)で出力できます。2K(2,048×1,080画素)およびフルHDの出力においては、RGB 4:4:4信号(10/12ビット)を新たに採用することにより、豊かな色再現性を実現し、ポストプロダクションにおける効率的な編集作業に対応するとともに、クロマキー合成などの画像処理などにおいても威力を発揮します。

■小型・軽量ボディーに快適な機能を搭載

狭小空間での撮影など、斬新な映像表現を実現するコンパクトなボディーに、使いやすく快適な新機能を備えています。出力端子には、4K映像をRAWデータで出力するための3G-SDI端子を2系統と、外部モニターと接続するためのMON.端子を2系統搭載し、4Kの映像制作におけるワークフローとの高い親和性を備えています。また、“EOS C500”は、マウント周りにロック機構を備え付けた「EFマウント(シネマロックタイプ)」を新たに採用することにより、シネマカメラをリグに装着した状態で、重いレンズの着脱をPLマウント同様に容易に行えます。

戻る

このページのトップへ