ニュースリリース

2012年8月9日

6,000lmの高輝度を実現した“SX6000”など
液晶プロジェクター5機種を発売


キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、6,000lm(ルーメン)の高輝度・高画質を両立しながら優れた省エネ性能を実現した“SX6000”など、液晶プロジェクター5機種を、8月中旬より順次発売します。これにより、高輝度プロジェクターのラインアップは4機種に拡充され、さまざまな用途に応えます。

SX6000
SX6000
  • パワープロジェクター SX6000
    オープン価格(発売日:2012年10月中旬)
  • パワープロジェクター WX6000
    オープン価格(発売日:2012年9月下旬)
  • パワープロジェクター LV-8227A
    オープン価格(発売日:2012年9月上旬)
  • パワープロジェクター LV-7392A
    オープン価格(発売日:2012年8月中旬)
  • パワープロジェクター LV-7297A
    オープン価格(発売日:2012年9月上旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90071

“SX6000”は、6,000lm※1の高輝度で、美しい白を再現する高画質に加え、優れた省エネ性能を実現した、インストールタイプのビジネス向け液晶プロジェクターです。また、超望遠ズームタイプの交換レンズを新規オプションとして加えることで、投写距離約15m※2までのさらなる遠距離からの投写が可能となり、より幅広い投写領域を実現します。

■ 高輝度と高解像度を両立した高画質な映像を再現

新開発の反射型液晶パネルLCOS(エルコス)の開口率を約96%まで向上させ、LCOSの性能を最大限に発揮する新開発の光学システムAISYS(エイシス)4.1で有機偏光板を不要にしたことにより、6,000lmの高輝度を実現し、明るく格子感のほとんどない滑らかな高画質映像を投写することができます。

■ 美しい白を再現

新たに開発したLCOSパネルと光学システムAISYS4.1を搭載することで、R・G・B 3色の投写光のバランスをより高めることが可能となり、最も輝度が高く使用頻度の多いプレゼンテーションモードでも、輝度を下げることなくバランスのとれた美しい白を再現し、鮮やかな映像を投写します。

■ 優れた省エネルギー性能

パネルの反射率や輝度効率が向上したことにより、1lmあたりの消費電力が約0.073w/lmと、優れた省エネ性能を実現しています。

  • ※1標準ズームレンズ、望遠ズーム装着時で、イメージモード:プレゼンテーションを選択時。
  • ※2スクリーンサイズ100インチの投写距離において。

【プロジェクターの市場動向】

2011年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約715万台、国内市場で約19万台でした。2012年においては、世界市場で約780万台、国内市場では約19万台と予想しています。(キヤノン調べ)

戻る

このページのトップへ