ニュースリリース

2013年1月10日

4Kカメラ対応の単焦点レンズ2機種を発売
広角・望遠のEFシネマレンズでラインアップを拡充


キヤノンは、4Kカメラに対応する単焦点のEFシネマレンズ2機種を2013年4月中旬より順次発売します。これにより、EFシネマレンズのラインアップを拡充します。

CN-E14mm T3.1 L F
CN-E14mm T3.1 L F
CN-E135mm T2.2 L F
CN-E135mm T2.2 L F
  • CN-E14mm T3.1 L F
    価格(税別)44万円(発売日:2013年4月中旬)
  • CN-E135mm T2.2 L F
    価格(税別)44万円(発売日:2013年5月下旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90006

新製品の“CN-E14mm T3.1 L F”と“CN-E135mm T2.2 L F”(いずれもEFマウント)は、4Kカメラに対応する優れた光学性能を誇る単焦点のEFシネマレンズです。これにより、EFシネマレンズのラインアップの更なる強化を図り、多彩な画づくりに貢献します。

■ 4Kカメラや35mmフルサイズのセンサーに対応する優れた光学性能

新製品は、高品位な映像を撮影する4Kカメラに対応する優れた解像力を備えています。35mmフルサイズのセンサーに対応しているため、ハイエンドのデジタル一眼レフカメラのほか、スーパー35mm相当のセンサーを搭載したキヤノン製を含むデジタルシネマカメラや、APS-H、APS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラ(EFマウントのみ)にも対応しています。
画質においては、11枚絞り羽根を採用することにより、柔らかく美しいボケ味を表現できます。

■ EFシネマレンズのラインアップが拡充

キヤノンは、2011年11月にEFシネマレンズ7機種を含むCINEMA EOS SYSTEMを発表して以来、EFシネマレンズのラインアップの拡充を図ってきました。このたび新たに2機種を投入することにより、ラインアップは合計13機種となります。
キヤノンは、ズーム・単焦点レンズの総合力で、多彩な映像表現を求める映像制作のニーズに応え、映像表現領域の拡大と映像文化の発展に寄与します。

なお、2013年1月17日から27日までアメリカ・ユタ州パークシティで開催される、世界最大級のインディーズ映画祭「サンダンス映画祭」において、本製品を出展する予定です。

戻る

このページのトップへ