ニュースリリース

2013年1月16日

新たに「ベビーモード」を搭載した“iVIS HF R42”など
高機能・高画質なHDビデオカメラiVISシリーズ2機種を発売


キヤノンは、「ベビーモード」やワイヤレス送信などの充実した機能を搭載し、高画質を実現したHDビデオカメラ“iVIS HF R42”など、“iVIS(アイビス)”シリーズの新製品2機種を2013年2月下旬から発売します。

iVIS HF R42
iVIS HF R42
  • iVIS HF R42
    オープン価格(発売日:2013年2月下旬)
  • iVIS HF G20
    オープン価格(発売日:2013年2月下旬)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90003

“iVIS HF R42”は、赤ちゃんの撮影に最適な「ベビーモード」を新たに搭載したほか、Wi-Fi対応のワイヤレス送信機能を拡充するなど、高機能化も実現したHDビデオカメラです。また、新開発の映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」の搭載により、従来機種の「iVIS HF R32」(2012年5月発売)に比べて手ブレ補正機能が向上するなど、高画質化も図っています。

■ 赤ちゃんの成長を効果的かつ楽しく記録する「ベビーモード」

あらかじめ赤ちゃんの誕生日をカメラに登録すれば、撮影時に自動算出した生後日数をスタンプとして映像とともに記録できるなど、楽しく赤ちゃんの成長を記録できる「ベビーモード」を新たに搭載しています。「ベビーモード」で撮影した映像は、自動的にカメラ内の「ベビーアルバム」内に時系列順に保存されるため、管理が簡単です。

■ 機能が拡充し、利便性が向上したWi-Fi対応のワイヤレス送信機能

ワイヤレス送信機能が進化し、利便性が高まりました。撮影後の映像を、従来のiOSに加えてAndroidの携帯端末にも送信できる※1ほか、ビデオカメラから離れた場所でも、携帯端末でのリアルタイムなモニタリングやリモート操作が可能です※2

■ 新開発の映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」により、高画質を実現

「DIGIC DV 4」により、速い動きを鮮明に捉え、細部の表現力に優れた1080/60p※3での記録が可能です。MP4の記録形式においては約35Mbpsを実現し、動きのある被写体のエッジ部も忠実に記録できます。また、歩きながら撮影する際の回転軸・水平回転軸・縦回転軸の手ブレ補正が進化し、より安定した映像を得られます。

  • ※1 iOSとAndroidに対応していますが、すべての機種での動作を保証するものではありません。
  • ※2 「App Store」/「Google Play」から無償ダウンロードが可能な「CameraAccess」のダウンロードが必要です。
  • ※3 1920pixel×1080lineの有効画素が順次走査(progressive scan)方式で60frame/secで伝送されます。

戻る

このページのトップへ