ニュースリリース

2013年3月21日

エントリークラス最高レベルの充実した基本性能を実現
デジタル一眼レフカメラ“EOS Kiss X7i”を発売


キヤノンは、2013年に発売20周年を迎える一眼レフカメラ「EOS Kissシリーズ」の新製品として、高画質や高速連写をはじめ、優れたAFなどの充実した基本性能を備えた“EOS Kiss X7i”を、2013年4月下旬より発売します。

EOS Kiss X7i
EOS Kiss X7i
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時
  • EOS Kiss X7i
    オープン価格 (発売日:2013年4月下旬)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002

“EOS Kiss X7i”は、市場から高い評価を得ている「EOS Kiss X6i」(2012年6月発売)の後継機種です。エントリークラスで最高レベルの基本性能と操作性を備えており、手軽により良い写真を撮影したいというユーザーの要望に応えます。

■ エントリークラス最高レベルの高画質・高感度・高速連写を実現

約1,800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と、高速な画像処理を可能にする映像エンジンDIGIC 5の搭載により、最高約5コマ/秒の高速連写と高画質を両立しています。また、最高ISO12800(拡張ISO25600)の常用ISO感度により、暗いシーンだけでなく動体撮影やストロボの使用が制限されている場所での撮影など、幅広い撮影領域においてノイズや手ブレ・被写体ブレを抑えた撮影が可能です。

■ 新キットレンズとの組み合わせでより快適なAFが可能

ステッピングモーターを搭載したEFレンズの新製品「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(2013年4月下旬発売予定)との組み合わせにより、非常に静かでスムーズな動画サーボAFを実現します。また、ファインダー撮影時には、全9点でクロス測距が可能なAF センサーの搭載により、構図に関わらず優れた被写体捕捉力を発揮し、またとない一瞬を捉えます。

■ 使い勝手が向上した多彩な機能

画像に特殊効果を加えられるクリエイティブフィルター(7種類)が、撮影後だけでなくライブビュー撮影時にも選択可能になり、フィルター効果をライブビュー画面で試しながら撮影できます。また、より高度な撮影が簡単にできる「手持ち夜景」など、3種類の撮影モードをSCN(スペシャルシーン)に統合しているほか、360°回転する新しいモードダイヤルにより、各撮影モードの選択が簡単になるなど、使い勝手が向上しています。

  • 動画撮影時の常用ISO感度は、最高ISO6400です。

【レンズ交換式デジタルカメラの市場動向】

2012年のレンズ交換式デジタルカメラの出荷台数(全世界)は、対前年比約13%増の約1,800万台に達しました。2013年はアジア地域を中心とした需要の伸長に伴い、対前年比で約11%増の約2,000万台と、順調な市場の拡大が見込まれています。(キヤノン調べ)

  • デジタル方式でレンズ交換が可能な一眼レフ・ノンレフレックスの両方を含みます。

戻る

このページのトップへ