ニュースリリース

2013年9月6日

ロジスティクス・製造・点検業務向け
スキャナー一体型ハンディターミナル“PRea ET-100”を発売


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、キヤノン電子株式会社(社長:酒巻 久)製の業務用モバイル端末の新製品として、読み取りやすい高性能スキャナーを搭載したスキャナー一体型ハンディターミナル“PRea(プレア)ET-100”を9月6日に発表します。

PRea ET-100
PRea ET-100
  • PRea ET-100L(バーコードモデル)
    オープン価格(発売日:2013年9月6日)
  • PRea ET-100S(2次元コードモデル)
    オープン価格(発売日:2013年9月6日)
この件に関するお問い合せ先
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
モバイルソリューション企画課
TEL:03-6719-9847(直通)

■読み取りやすい2種類のスキャナーモデルを用意

3.5型のタッチパネル付き大画面液晶と片手親指だけの操作性を両立したグリップ型ボディーに、バーコードの汚れやかすれにも強く高速に読み取れるCCDスキャナーを搭載した“ET-100L(バーコードモデル)”と、LEDとレーザーで読み取り範囲をガイドする“ET-100S(2次元コードモデル)”の2機種を用意しました。

■500万画素デジタルカメラ機能を搭載

オートフォーカスとミニライトを備えた500万画素のデジタルカメラ機能を標準で搭載しています。受入検査や検品中の不良品・事故品、点検作業中の故障状況などを、発生した現場で記録することができます。

■最大約34時間の長時間動作を実現

本体の省電力化とバッテリーの大容量化により最大約34時間※1の長時間動作を実現しています。USBクレードル※2背面の予備バッテリー用充電スロットと合わせバッテリー切れを防ぎます。

  • ※1ET-100L、大容量バッテリーBA-11L装着時。
  • ※2CR-13U(オプション)。

戻る

このページのトップへ