ニュースリリース
2013年11月7日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

4K映像制作ディスプレイ市場に新規参入
業務用30型4Kディスプレイ“DP-V3010”を発売


キヤノンは、業務用の30型4Kディスプレイ“DP-V3010”を、2014年1月下旬より発売し、4K映像制作ディスプレイ市場に新規参入します。

DP-V3010

発売情報

DP-V3010

価格
オープン価格
発売日
2014年1月下旬

おもな特長

新製品は、独自開発のディスプレイ用映像エンジン、独自設計のRGB LEDバックライトシステム、およびIPS液晶パネルを採用することで、忠実な色再現・高解像度・高コントラストを実現する業務用の4Kディスプレイです。卓上に設置可能な30型で、編集室やスタジオでの画質の最終確認など、映像編集に適しており、4Kデジタルシネマ制作における高度なニーズにも対応します。キヤノンは、映像制作用レンズ・カメラで構成する「CINEMA EOS SYSTEM」と合わせて、入力から出力まで、4Kデジタルシネマをはじめとする映像制作現場を強力にサポートします。

忠実な色再現

豊かな色彩を再現するRGB LEDバックライトシステムとIPS液晶パネルを搭載することで、DCI※1が定めるデジタルシネマ向けの色域表示に適しています※2。高性能なディスプレイ用映像エンジンの搭載により、画面内の色や輝度のムラを防ぎ、高精度な均一性と、濃淡を1024段階で表示する滑らかで正確な階調特性を実現しています。これらにより、カラーグレーディング(映像の色味やトーンを整える)作業で求められる忠実な色再現が可能です。

高解像度

4096×2560ピクセルを有する高解像度IPS液晶パネルの採用により、DCI規格の解像度に準拠した4K動画(4096×2160ピクセル)を拡大・縮小処理をせずにそのまま表示することが可能です。また画面のアスペクト比が16:10のため、高解像度の静止画加工、CGや特殊効果VFX(Visual Effects)制作などの編集作業にも適しています。

高コントラスト

キヤノンの画像処理技術と高コントラストのIPS液晶パネルにより、コントラスト比2000:1以上(DCI規格)を実現しています。デジタルシネマ制作で重要とされる暗部の階調表現を正確に再現し、夜景などの暗いシーンにおいても、撮影した映像を忠実に表示します。

業務用4Kディスプレイの市場動向

映像制作業界ではデジタル化が浸透してきており、特にハリウッドなど最先端の映像制作現場においては、4K映像など、フルHDに続く高画質な次世代フォーマットへの対応が急速に進んでいます。また放送業界においても、4K放送実用化に向けた取り組みが各国で始まっており、日本では衛星放送の一部で、4Kを使った放送の2014年開始を目指して検討・整備が進められています。入力から出力まで、映像制作ワークフローの4K化が進むことにより、高精度な映像制作機器の需要が伸長し、4K映像を忠実に再現できる高画質・高精細の4K映像制作ディスプレイのニーズも高まってきています。(キヤノン調べ)

ご参考

2013年11月13日(水)から15日(金)まで、幕張メッセで開催される「2013年国際放送機器展 International Broadcast Equipment Exhibition 2013(略称:Inter BEE 2013)」において“DP-V3010”を展示します。「Inter BEE 2013」の詳細は以下URLより確認できます。

【INTER BEE ONLINE】 http://www.inter-bee.com/ja/

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90006
戻る
このページのトップへ