ニュースリリース
2013年12月3日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ミラーレスカメラ“EOS M2”を発売
「ハイブリッド CMOS AF II」を搭載しAF性能が大幅に向上


キヤノンは、高画質を誇るミラーレスカメラ「EOS Mシリーズ」の新製品として、AF性能を大幅に向上させた“EOS M2”を、2013年12月中旬より発売します。

発売情報

EOS M2(ブラック/ホワイト)

価格
オープン価格
発売日
2013年12月中旬

おもな特長

新製品は、従来機種「EOS M」(2012年9月発売)のコンセプトである、デジタル一眼レフカメラEOSシリーズと同等の高画質と小型・軽量の両立を継承したモデルです。従来機種からAF性能を大幅に進化させ、新たに無線LAN機能を搭載しながら、体積を約8%小型化しています。
これによりユーザーは、快適かつ手軽に本格的な撮影をする楽しみに加え、写真を友人や家族と簡単に共有する撮影後の楽しみも手に入れることができます。

AF性能を大幅に向上する「ハイブリッド CMOS AF II」

撮影画面の縦横それぞれ約80%という広いエリアで、コントラストAFと撮像面位相差AFの併用を可能にする「ハイブリッドCMOS AF II」を採用しています。これにより、従来機種※1に比べより広い測距エリアで、約2.3倍※2速いピント合わせが可能になり、思い通りの構図での撮影を実現するとともに、動きのある被写体への対応力が向上します。

デジタル一眼レフカメラEOSシリーズと同等の高画質

APS-Cサイズ・約1,800万画素のCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 5の搭載により、大型センサーならではの高画質と最高約4.6コマ/秒の連写性能を実現しています。さらに、最高ISO12800※3(拡張ISO25600)の常用ISO感度により、暗所でもノイズを抑えた撮影が可能です。

Wi-Fi対応の無線LAN機能を内蔵

Wi-Fi対応のスマートフォンから、静止画の撮影やカメラ内のメモリーカードに記録された静止画の取り込みなどのリモート操作※4が行えます。

レンズ交換式デジタルカメラの市場動向

2012年のレンズ交換式デジタルカメラの販売台数(全世界)は、対前年比約13%増の約1,800万台に達しました。2013年は主に欧州や中国の景気低迷の影響を受けているものの、約1,800万台と、前年並みの水準を維持すると見込んでいます。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ