ニュースリリース
2014年6月16日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノン純正の画像編集ソフトウエアを大幅にバージョンアップ
“Digital Photo Professional 4.0”などの無償提供を開始


キヤノンは、撮影画像の閲覧、編集、現像を行う画像編集のためのソフトウエア“Digital Photo Professional”(以下DPP)と、カメラの設定や画像転送などのリモート撮影のためのソフトウエア“EOS Utility”(以下EU)を大幅にバージョンアップし、それぞれ“DPP 4.0”、“EU 3.0”として2014年6月26日より無償提供を開始します。

“Digital Photo Professional 4.0”操作画面

Digital Photo Professional 4.0

提供方法
無償ダウンロード
  • 対応機種・・・EOS-1D C、EOS-1D X、EOS 5D Mark III、EOS 6D
公開日
2014年6月26日

EOS Utility 3.0

提供方法
無償ダウンロード
  • 対応機種・・・EOS-1D C、EOS-1D X、EOS 5D Mark III、EOS 6D
公開日
2014年6月26日

おもな特長

“DPP 4.0”は、本格的な写真表現を求めるプロおよびハイアマチュア向けに開発されたRAW※1画像の編集ソフトウエアです。ハイライト/シャドウの調整幅を拡大するなど従来機能の改善に加え、特定色域調整などの新機能を搭載し、基本機能の強化を図るとともに、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を全面的に見直すなど、編集作業における操作性・利便性が大幅に向上しています。大量の画像を高度に編集するフォトグラファーの作業効率向上に寄与することで、レンズ交換式カメラEOSシリーズの基本コンセプトである「快速・快適・高画質」をより高いレベルで実現します。

従来機能の強化に加えて新機能を搭載した“DPP 4.0”

従来機能の強化に加え、8つの特定の色域における色調整や、画像の明暗部のバランスを示すヒストグラムを自動で解析する階調(輝度)調整など、より自由な画像調整を可能にする機能を新たに搭載しています。さらに、1万枚ほどの大量のサムネイル画像でも一度に表示することが可能となり、また、プレビュー画面においてもセレクト比較表示やレーティング機能をつけるなど、画像選択・編集作業を簡易化しています。

“DPP 4.0”との連携強化により作業効率の向上を可能にする“EU 3.0”

“EU”は、USBもしくはWFT※2でカメラとパソコンを繋ぎ、パソコンからカメラの撮影設定や画像転送、リモート撮影の操作を行うソフトウエアです。“DPP 4.0”との連携を強化しており、「セレクト比較表示」機能を活用してより良い画像を選択し、設定を微調整して再撮影するというシームレスなワークフローを実現しています。

商品紹介ページ

Digital Photo Professional 4.0 詳細へ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ