一眼レフカメラ EOS 5Dsについて 動画の内容をテキストでご紹介

キヤノンが長年追い求めていたもの

空気までも伝える臨場感

眼前に迫りくる立体感

手で触れるかのような質感

どこまでも繊細なディテール感

そして、深く引き込まれる奥行き感

描写力を追求し続けた答えが、今ここに結実。
EOS 5Ds誕生。

5000万画素を超える新撮像素子を搭載したEOS 5Ds

 

 

目を瞠るほどに高画素化した撮像素子がクリアで解像間の高い描写力を発揮し

また、EFレンズ群の描写性能を極限まで活かすことのできる美しい写真を紡ぎます。

  • 2015年2月現在、72本レンズが使用可能

解像度の高い写真を残すことは大きく引き伸ばした写真のクオリティが高まるのはもちろんのこと

  • 50MP CMOS High Resolutiojn

 

 

最終出力の変更にも余裕の対応力を発揮。

また、トリミング後も新たな作品への使用を可能にします。

 

しかし、センサーが高画素化し、写真が高解像度になるにつれごく僅かなブレでも画像には顕著に表れてしまいます。

そこで、EOS 5Dsではさまざまな改良により、カメラ内部の振動を極限まで抑え、画像への影響を少なくしました。

カメラ全体の剛性を上げるため、本体樹脂を剛性の大きな素材に変更。

カメラ底面の板厚アップ。

三脚座そのものの剛性強化など、大幅な設計変更を実施しました。

さらに、ミラー振動制御システムを搭載。
ミラーの上下動制御にカム機構を採用し、ミラー動作速度を制御することで、ミラーのアップ、ダウン時に生じる振動を軽減しています。

  • Mirror Vibration Control System

数々の新機構で高解像度撮像素子の性能を余すことなく引き出すEOS 5Ds

 

高精細な写真によって生み出される

 

美しき写真表現をその手の中に。

Canon

戻る
このページのトップへ