ニュースリリース
2015年5月20日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

手ブレ補正性能の向上によりさらに安定した視界を実現
双眼鏡“10×30 IS II/12×36 IS III”を発売


キヤノンは、従来機種と比べて手ブレ補正性能が向上した小型・軽量の双眼鏡で、倍率10倍・対物レンズ有効径※1 30mmの“10×30 IS II”および同12倍・同36mmの“12×36 IS III”を2015年7月中旬より発売します。

発売情報

10×30 IS II

価格
74,000円(税別)
発売日
2015年7月中旬

12×36 IS III

価格
113,000円(税別)
発売日
2015年7月中旬

おもな特長

“10×30 IS II/12×36 IS III”は、それぞれ「10×30 IS」(1997年9月発売)と「12×36 IS II」(2004年2月発売)の後継機種で、手ブレ補正性能が大幅に向上した携帯に便利な小型・軽量の双眼鏡です。バードウォッチングはもちろん、旅行やスポーツ観戦などさまざまな用途に適しています。

高性能マイクロコンピューターの採用により手ブレをさらに抑制

「バリアングルプリズム」を採用したキヤノン独自の手ブレ補正技術により、さまざまな使用条件において安定した視界を実現しています。また、EFレンズ※2にも搭載されている高性能マイクロコンピューターの採用により、手の震えなどによる微細な手ブレから、呼吸などの体の揺れによるゆっくりとした手ブレまで、補正性能が従来機種と比べ大幅に向上しています。

優れた光学技術によるクリアな視界の実現

EFレンズの光学技術を双眼鏡にも応用し、高解像力を実現しています。視野周辺部における像面湾曲を抑えるフィールドフラットナーレンズを採用しているほか、最適なレンズ配置により、視野全体にわたりクリアな視界を実現しています。

消費電力の低減と二次電池(充電式電池)への対応

最新の電気回路を導入することにより、手ブレ補正を作動させるための消費電力を大幅に低減しており、従来機種と比べて電池の連続使用時間を約2倍の約9時間に向上※3させています。また、充電して繰り返し使用可能な二次電池にも対応しており、汎用性を高めています。

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90001
戻る
このページのトップへ